閉じる

MENU

ログイン

ろくむし【伝承遊び】【イラスト解説】

ろくむしで遊ぶ子どもたちのイラスト
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

ろくむし

2人のオニが投げてくるボールを避けながら、特定のエリアを走って6回往復するという遊びです。遊びの名前は地域によって他にも「ろっくん」「ろくむ」「ハサミッち」「にむし」などと呼ばれることもあるようです。1往復のことを「いちむし」、2往復のことを「にむし」など、不思議な単位で数えるのが特徴です。

オニ役にはある程度ボールをコントロールして投げたり、キャッチボールをしたりする運動能力が必要となるので、4~5歳以上のクラスで行うのがおすすめです。低年齢のクラスでも取り入れたいけど、「ボールを身体に当てるというルールは危なくて避けたい」という場合は、例えばオニが手で持っているボールでお友だちにタッチしたらアウト、ボールを使わずに手でタッチしたらアウト、などの工夫をすると安心して遊べますよ。

難易度 

★★★★☆

対象年齢

4歳/5歳

用意する物・道具

  • ボール(柔らかく、当たっても痛くないもの)

遊びのねらい

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • ボールを避けたり、走ったりすることで全身の俊敏性や瞬発力を鍛える
  • 道具を使った遊びを通して、全身の使い方を覚える
  • 集団遊びをすることで、他のお友だちとの協調性を育む

遊び方・ルール

①20m程(※)離れた位置の地面に、子どもたちが全員入れるくらいの大きさの円(安全地帯)を二つ描いておきます。
※円と円の間隔は、子どもたちの年齢や発達によって丁度いい幅に設定しましょう。

②子どもたちの中から、オニを2人決めます。オニは2つの円の周りにそれぞれ立ち、柔らかいボールを1つ持ちます。

③オニ以外の子どもたちは片方の円に入り、ゲームを始めます。子どもたちは、オニがボールを投げ合っている間に、急いで反対側の円と往復をします。一度片方の円を出ると、もう片方の円に入るまで同じ円に戻ることはできません。
走っている子どもとボールを投げている子どものイラスト

④1往復すると「いちむし」、2往復すると「にむし」と数えます。円の外にいるときにオニが投げたボールが当たってしまうとアウトになります。ボールをキャッチした場合はセーフです。
いちむし!と言っている子どものイラスト

⑤オニの投げるボールを避けながら、5回半往復したところで「ごむしはん!」と宣言します。
ごむしはん!と言っている子どものイラスト

⑥ボールに当たることなく、6回往復することができれば「ろくむし」で逃げている方の勝ち! 6往復するまでに全員アウトになったらオニの勝ちです。
ろくむし!と言っている子どもたちのイラスト
 

ポイント・アレンジ例

お友だちに向けてボールを投げるので、「顔を狙わないというルールにする」「当たっても痛くないゴムボールを使う」などケガを避けるための配慮は必ず行うようにしましょう。また、ボールがあちこちに飛ぶ可能性が高いので、周りをよく確認し、広いスペースが確保できる場所で行うことをおすすめします。

初めはオニ役を保育者が行い、ゆっくりボールを投げたり、わざとボールを取りこぼして隙を作ってあげたりすると、「その間に急いで反対側に走ればいいんだ!」と子どもたちが走り出すチャンスに気づくきっかけになりますよ。

サブルールとして、「オニが6回ボールを投げるまでに今いる円から出ないといけない」「ごむしはんのときに、ごむしはん!と宣言しなかったら無効になる」「オニが投げたボールをキャッチできたら、少し遠くにボールを投げてオニを妨害してもよい」などがあるので、良ければ参考にしてみてください。


▼ほかおすすめの遊び
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事