ログイン

保育士試験の実技はこれで完璧!各課題の練習のコツ【無料ダウンロードあり】

ピアノを弾く女性
2021年(令和3年)の10月に行われる保育士試験の筆記が終わると、次にやってくるのは12月12日(日)の実技試験。あまり時間がないため、筆記試験の結果を待たずに練習に入る方がほとんどですよね。そこで今回は、実技試験対策を効率的に進められるコツを各課題ごとにご紹介します。音楽や言語は実践動画もあるので、ぜひチェックしてくださいね。

「音楽に関する技術」はピアノに慣れる!

ピアノを弾く手
ピアノやギター、アコーディオンを使って弾き語りをする「音楽に関する技術」。ピアノ初心者の方でも十分に合格できる可能性はあるので、絵や素話に不安がある方は挑戦してみるのもおすすめです。しっかりと楽器に慣れて、楽譜をできるだけ頭に入れておけると良いですね。

ほいくisでは、コラムでもお馴染みのピアノ講師・藤本ちか先生が、動画で分かりやすくコツを解説してくれています。会員登録をすれば、オリジナル楽譜の無料ダウンロードも可能ですのでぜひチェックしてみてくださいね。

「言語に関する技術」は練習あるのみ

3匹の赤いブタの人形
3分以内で素話(お話)を行う「言語に関する技術」。「自分でお話を3分以内にまとめる」「抑揚をつけて読む」「台本無しで読む」など、実は少し難易度が高い課題のひとつです。素話は台本がないため、とにかく練習をして頭にお話を入れておくことがポイント。完全に覚えてから初めて、抑揚をつけたり声色を変えられたりするものです。

実践動画で言語のコツをチェック

保育士試験で実際に「言語」を選択し、合格した経験者が実践する動画でコツをチェック! 自分なりの表現をしつつ、盗めるポイントはどんどん取り入れていきましょう。

「ももたろう」のポイント

昔話の定番とも言える「ももたろう」。すでに内容を知っている方も多いと思うので、新しくお話を覚える必要がないという点では挑戦しやすいでしょう。声色を変えることに自信がある方に特におすすめです!

「3びきのやぎのがらがらどん」のポイント

少し不気味な雰囲気が印象的な「3びきのやぎのがらがらどん」。その雰囲気作りがとても重要になり、少し難易度が高めの題材です。くり返しの内容になっているので、お話自体は覚えやすいですよ。

「おおきなかぶ」のポイント

「うんとこしょ、どっこいしょ」のセリフでお馴染みの「おおきなかぶ」。こちらも誰もが知っている分かりやすいお話で、初めての素話に挑戦する方にもおすすめです。単調になりやすいので、抑揚には注意しましょう。

「3びきのこぶた」のポイント

今回の題材の中でも、比較的感情をこめやすいのが「3びきのこぶた」です。楽しい部分とドキドキする部分がはっきりと分かれているので、表現の変化を見せましょう。こぶたたちとオオカミの声に違いをつけるところもポイントです。

「造形に関する技術」は色使いも重要

スケッチブックと色鉛筆
当日に発表される指定された場面を描く「造形に関する技術」。当日、試験が開始されて初めて課題が分かるという点では、事前に課題が分かっている音楽・言語よりも難しいかもしれません。ただ単に上手な絵を描けばいいわけではなく、保育士試験ならではの視点が必要とされるので要チェックです。

実技試験は反復練習がカギ!

実技試験は、合格率が比較的高いと言われています。だからと言って油断は禁物。しっかりと反復して練習することが大切です。自分が納得し、自信を持って受験できるように、本番まで諦めずに練習をしていきましょう。

▼ほかおすすめの試験対策記事はこちら
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事