閉じる

MENU

ログイン

【調査結果】保育園の新型コロナ対策の実情~子どものマスク着用・おもちゃの消毒・給食の対応について

新型コロナウイルスは、保育園や幼稚園での生活にさまざまな悩みや不安をもたらしています。園は集団生活の場でもあるので、対策に迷うことも多いのではないでしょうか。今回は、ほいくisで実施した現役保育士さんへのアンケート調査を基に、保育園での新型コロナ対策の実情をご紹介します。

保育園の新型コロナ対策はどうしている?

赤ちゃんを抱っこする保育士
新型コロナウイルスは飛沫による感染が多いことから、マスクを着用したり、大人数で集まることを控えたりして対策することを推奨されています。しかし保育園や幼稚園、認定こども園は、子どもたちが集団生活を送る場でもあり、保育をするうえでどうしても子どもと子ども・子どもと保育者の距離が近くなることから、人との間隔を空ける、いわゆる「ソーシャルディスタンス」が取りづらい環境となっています。

そのような状況の中で、実際に各園ではどのような対策を行っているのでしょうか。また保育者の皆さんは、新型コロナ対策についてどのような悩みを抱えているのでしょうか。

今回ほいくisでは、公式Instagramアカウントで「園生活の各場面でのコロナ対策」や「具体的な対策方法」、「困っていること」などについてアンケートを実施しました。ここでご紹介するのはあくまで各園の対策例であり、感染症対策の正解や、それを推奨するものではありません。ひとつの意見として、参考にしてみてくださいね。

みんなの保育園での新型コロナ対策

園での新型コロナ対策について公式Instagramでアンケートを実施したところ、たくさんの意見が集まりました。ひとつずつご紹介していきます。

おもちゃは「毎日消毒」が7割以上

おもちゃや絵本の使い方、どうしてる?のアンケート結果
毎日消毒 832件(75.8%)
消毒できるものしか使わない 106件(9.7%)
数時間おきに消毒 87件(7.9%)
1日に使っていい個数を制限 73件(6.6%)
「おもちゃや絵本の消毒、どうしてる?」という質問には、1,098件の回答が集まりました。その中でも最も多くを占めたのは「毎日消毒」で75.8%。続いて「消毒できるものしか使わない」が9.7%、「数時間おきに消毒」が7.9%、「1日に使っていい個数を制限」が6.6%という結果になりました。

保育をする中で、子どもたちが触れるものとして欠かせないのが「おもちゃ」や「絵本」。1日の中でも多数の子どもたちが代わる代わる触れるので、こまめに消毒をしている保育者の方も多いようです。

とは言っても、消毒作業は意外と時間がかかってしまいますよね。そのため、おもちゃの種類や個数を制限してなるべく負担を減らすよう工夫している園もあるようです。

その他には、自由記述で以下のような回答もありました。
  • 土曜日にまとめて消毒している
  • 殺菌庫(滅菌庫)に入れて定期消毒
  • 1度使ったら消毒
  • マンツーマン保育なので子どもごとにおもちゃを変える
  • 遊ぶ前に手指消毒

給食は対応がさまざま

給食のとき、どうしてる?のアンケート結果
アクリル板を付ける 542件(34.0%)
グループになって食べる 521件(32.7%)
全員同じ方向を向いて食べる 394件(24.7%)
席をくっつけないでバラバラで食べる 137件(8.6%)
「給食のとき、どうしてる?」という質問では、1,594件の回答が集まりました。「アクリル板を付ける」が34.0%、「グループになって食べる」が32.7%、「全員同じ方向を向いて食べる」が24.7%、「席をくっつけないでバラバラで食べる」が8.6%となっています。

園の給食は、みんなで食べることで楽しさを感じる機会でもあるので少し寂しいですが、遊びと同じように対策が必要とされている場面でもあります。また乳児クラスでは保育士の介助が必要だったり、「声を出さずに食べる」ということが難しかったりする場合もあります。子どもを制限しすぎず、無理のない範囲で対策ができると良いですね。

その他には、自由記述で以下のような回答がありました。
  • テーブルを離して黙食/1人1台の机で食べる
  • コの字型にして間隔をとりながらも、コミュニケーションもとれるようにする
  • 職員は一緒に食べない
  • 前と左右をパーテーションで区切る/手作りのついたてを使う
  • クラスを半分のグループにして、時間を分けて食べる

マスクの着用は年齢に注意

子どもたちのマスク着用、どうしてる?のアンケート結果
年齢によって着用 950件(58.2%)
家庭に判断を委ねている 339件(20.8%)
園にいる間は誰もつけていない 321件(19.7%)
お散歩のときだけ着用 22件(1.3%)
「子どもたちのマスクの着用、どうしてる?」という質問には、1,632件の回答が集まりました。「年齢によって着用」が58.2%と約6割を占める結果となりましたが、園での対応に子どもたちの年齢が大きく関わっていることが分かりました。また「家庭に判断を委ねている」が20.8%、「園にいる間は誰もつけていない」が19.7%、「お散歩のときだけ着用」が1.3%となりました。

マスクの着用に関して、厚生労働省のホームページで「乳幼児のマスク着用には注意が必要」と述べられており、その理由を以下のように説明しています。

「特に2歳未満では、着用は推奨されません。息苦しさや体調不良を訴えることや、自分で外すことが困難であることから、窒息や熱中症のリスクが高まるためです。」(一部抜粋)


このようなことから、「2歳未満にはマスクを着用させないで」と注意喚起をしています。特に夏や遊んでいる最中はマスクの中も暑くなりやすく、熱がこもってしまうこともあるので要注意です。

その他には、自由記述で以下のような回答がありました。
  • 室内では着用し、外遊びのときは外す
  • バス、登降園時は必ずつける
  • 歌うときや、お集まり時には着用
  • 給食配膳のときだけ着用
参考:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)「6.妊婦や小児に関すること」【乳幼児・小児への影響について】問13 就学前の子どものマスク着用について、どのようにしたらいいですか。/厚生労働省HP

保育園ならではの「新型コロナ対応の悩み」

消毒をする女の子
おもちゃの使い方やマスクの着用についてなど、園ごとにさまざまな対応新型でコロナ対策を行っていることが分かりました。しかしその他にも、保育園ならではの困った場面があるようです。「感染症対策関連で、対応に困った場面は?(自由記述)」という質問に対して、保育士のみなさんから集まった声をご紹介します。
  • 熱が出ても保護者が迎えに来ない/体調が悪くても預ける家庭がある
  • 子どもたちの密を回避するのが難しい
  • 具合が悪い子のきょうだいへの対応が難しい
  • 保護者がマスク未着用/消毒をしない
  • 午睡時の布団の配置に悩む
  • 0、1歳児の感染症対策
  • クラスに窓がなく、換気が十分に行えない
  • 発達に遅れがある子への、マスク着用や消毒の必要性の伝え方
  • 子どもの体調不良時、風邪かアレルギーかコロナかの判断ができない
  • マスクで表情が見えない
  • 専門家、保健所、研修講師のコロナに対する意見が異なる
活動や対応を制限せざるを得ないこともある中で、子どもにとってより良い保育をどのようにしていくか、多くの保育士さんが悩んでいることが分かります。次のコーナーでは、実際に園で行っている対策方法として寄せられたアイデアをご紹介します。

「こんな工夫をしています!」新型コロナ対策エピソード

おもちゃを消毒する保育士
正解が分からない新型コロナ対策ですが、「感染症対策、こんな工夫をしてます!のエピソード(自由記述)」という質問に対して、「うちの園ではこんな工夫をしています!」というアイデアも寄せられました。いくつかご紹介します。
  • コロナについての絵本を読んでいる
  • 床にお花のマークを貼り、その上に座ってソーシャルディスタンスをとる
  • 本までは消毒が行き届かないため、読む前に子どもたちの手を消毒する
  • 給食時に会話をして飛沫を飛ばさないよう、オルゴールを鳴らしている
  • 手洗いの歌を取り入れる
  • 手の洗い方のポスターを目の付くところに置く
「子どもたちに感染症についてどう伝えていくか悩んでいる」という声も挙がりますが、絵本を活用して分かりやすく伝える工夫をしている園もあるようです。また、目で見て分かるような工夫で、ソーシャルディスタンスを取ったり手を洗ったりしているというところも。園ごとでできる対策は異なると思いますが、参考にしてみるのも良いですね。

無理のない範囲で対策を

保育園や幼稚園でのコロナ対策はとても難しく、園によって必要な対応やできることも異なるかと思います。今回ご紹介した意見やアイデアの一例も、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
<アンケート調査について>
調査期間:2021年9月14日(1日)
調査方法:公式Instagramアカウントでアンケートを実施
調査対象:Instagramユーザー
有効回答数:『おもちゃや絵本の使い方、どうしてる?』1,098件/『給食のとき、どうしてる?』1,594件/『子どもたちのマスクの着用、どうしてる?』1,632件/『感染症対策関連で、対応に困った場面は?(フリー記述)』58件/『感染症対策、こんな工夫をしてます!のエピソード』13件

▼ほかおすすめの記事はこちら
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事