日焼け止めは丁寧さが鍵!園で”キレイを保つ”塗り直し方

夏、汗をかくと日焼け止めも一緒に流れてしまいますよね。そこで重要なのが、日焼け止めの塗り直しです。しかし、「メイクの上からの塗り直し方法ってよく分からない…」という方も多いのではないでしょうか。今回は、メイクの上から塗り直してもきれいに仕上がる方法を、ナチュラルメイクアップ協会代表の延 佐智子さんに実践していただきました!

正しい塗り直しを知ろう

面倒だったり、メイク崩れが心配で怠りがちな日焼け止めの塗り直し。しかし、しっかりポイントを押さえて直せば、きれいな状態を保つことができます。ナチュラルメイクアップ協会代表の延さんに、塗り直し方法のポイントを解説していただきました。

ティッシュオフで汚れもオフ

★point
  • 汗、汚れを取る
  • 優しくおさえる
まずは、ティッシュを優しく当てて、顔の上の汗や皮脂汚れをオフしましょう。夏は特に汗をかくことで汚れが出やすいので、まずはきれいにしてからお直しを。顔の皮脂汚れがあるまま日焼け止めをつけると、「メイクの上から日焼け止めを塗ると、メイクが崩れる…」という原因に。また、実は油とり紙を使うと仕上がりがむらっぽくなる、とのこと。ティッシュで優しくおさえましょう。

なじませるように置く

★point
  • つけすぎると白浮きの原因に
  • なじませるように置いていく
  • 白くなりにくいタイプがオススメ
日焼け止めのお直しの場合は、あまりたくさん塗るとメイク崩れや白浮きの原因になるので少量を。白くなるのが気になる! という方は、白くなりづらい乳液タイプやジェルタイプのものがオススメです。また、スプレータイプはシュっとかけるだけでお直しできるので、簡単。ひとつ手元にあると便利ですね。

また、つけるときは最初に塗るときと同様、トントンと置くようになじませます。横に伸ばすと崩れてしまったり、白くなってしまうので要注意です。

フェイスパウダーで肌を整える

★point
  • パウダーの量は最小限
  • 顔に「置く」感覚で
  • パウダーをはたくのはNG!
最後に、顔全体をフェイスパウダーで整えましょう。この時のフェイスパウダーの量は、少なくてOK。たくさんのせると、逆にメイクが崩れたり乾燥、ひび割れの原因になってしまいます。また、ついパタパタと粉をはたいてしまいそうですが、「顔の上に置く」ように優しくのせます。今回は、粒子の細かいパウダーを使用しました。

丁寧なお直しできれいな肌に

「一見面倒なお直しですが、丁寧にすることで化粧崩れが軽減し、肌がきれいな人だと思われます」と話す延さん。
 
「メイクの上からの日焼け止めは、メイクが崩れる!」というお悩みを持っている方必見の内容でしたね。小さな丁寧さが、最短のきれいの元。心地良い顔で夏を元気に乗り切りましょう!
 
一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

この記事を書いた人

一般社団法人ナチュラルメイクアップ協会

2016年5月設立。齋藤友快と延 佐智子の2人が代表理事を務める。「足すのではなく、シンプルなメイクアップで本来の美しさ(原石)に気づき、磨く喜びと感動を手にしてほしい」をコンセプトに、女性が自尊心を育み夢や可能性を拡げ、力を発揮するための環境をメイクからサポートしている。
<ホームページ>
https://naturalmakeup.jp/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事