閉じる

MENU

ログイン

新聞紙島レース【遊び方・ねらい解説】【イラストあり】

保育園や幼稚園、認定こども園で日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

新聞紙島レース 

「新聞紙島レース」は、2枚の新聞紙を交互に床に置いて、その上を進んでいくスピードを競うゲームです。簡単なルール、かつ新聞紙という身近にある素材で出来るので、雨の日の室内遊びにもピッタリの遊びです。遊び終えた新聞紙は、ちぎったり丸めたり工作に使ったりと、さまざまな使い道があり、別の活動に繋げやすいのも嬉しいポイントですね。 
 
アレンジ例も豊富でどの年齢でも取り入れやすいので、是非参考にしてみてください。 

難易度  

★★★☆☆ 

対象年齢 

3歳/4歳/5歳 

用意する物・道具 

  • 新聞紙 ※新聞紙が用意できない場合は、画用紙などで代用できます 
  • スタート/ゴール位置の印をつけられるもの 例)ビニールテープなど 

遊びのねらい 

保育園や幼稚園、認定こども園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。 
  • 身近な素材を使って、体を動かして遊ぶことを楽しむ。 
  • 新聞紙の感触や質感を感じる。 

期待される子どもの姿 

  • 新聞紙を使って形の変化を楽しみながら想像力を育む。 
  • 新聞紙を使ったゲームを通していろいろな使い方ができることを知り、子どもたちの視野が広がる
 

遊び方 

①先生は、あらかじめスタート位置とゴール位置の印をつけておきます。 
 
②子どもたちは、1/4(または半分)に折りたたんだサイズの新聞紙を一人2枚持ち、スタート位置に立ちます。 
 
③「よーい、スタート!」の合図で、ゴールの方向に新聞紙を1枚置いて、その上に立ちます。 
新聞紙島の上に乗っている子どものイラスト
 
④もう一枚の新聞紙をその先に置いて、新聞紙から落ちないように移動します。 
新聞紙島を移動させる子どもたちのイラスト
 
⑤さっき乗っていた新聞紙を回収して、ゴールの方向に置き、またそちらに移動します。 
新聞紙島を移動させる子どもたちのイラスト
 
⑥後ろの新聞紙を回収して、前に置いて進む、を繰り返します。新聞紙島から落ちずにゴール出来たら勝ちです! 
新聞紙島レースをする子どもたちのイラスト

ポイント 

滑って転ばないように注意する 

新聞紙から新聞紙に勢いよく飛び移ると、滑って転んでしまう危険があります。新聞紙を置いても滑らないような場所で行うか、子どもたちと「ジャンプはしない」と約束するなど、安全に配慮して遊びましょう。また、靴下だと滑りやすいので、上履きまたは裸足で行うようにしましょう。 

新聞紙を島に見立てて想像力を育む 

新聞紙を「島」、それ以外の床を「海」に見立てて、「海に落ちるとサメに食べられちゃう!」という設定を子どもたちに事前に話しておきましょう。リレーをする時に、「島から落ちないようにしなきゃ!」と、ハラハラ感を感じながら楽しむことができますよ。 

アレンジ例 

島から落ちたらスタートに戻る(5歳児向け) 

慣れてくると、お友だち同士で「○○ちゃんが島から落ちてる~!」と注意をし合うようになるかもしれません。そんなときは、「島から落ちたらスタートからやり直し」というルールを追加してみましょう。より丁寧に移動するようになって、手先や足先の細かな使い方を覚えることができそうですね。 

グループを作ってリレー形式で遊ぶ(5歳児向け) 

集団でルールのある遊びができるようになってきたクラスでは、数人ずつでグループを使って、リレー形式で競ってみても楽しいです。保育者はなるべくチームごとの速さが同じくらいになるようにメンバーを決められると、レースが白熱しますよ。 

新聞紙をちぎって使う(5歳児向け) 

スピードではなく、移動した距離で競うアレンジ方法です。子どもたちは新聞紙を1人1枚持ってスタート位置に立ち、最低でも片足は乗る大きさに新聞紙をちぎってその上に乗ります。その先に進むにはまた手元の新聞紙をちぎってその上に乗り…と小島を作るようにして進み、一番遠くまで進めた子の勝ちとなります。遊びながら新聞紙をちぎる練習にもなりますし、「どのようにちぎれば効率よく新聞紙を使えるか?」と、工夫しながら考えることで思考力を育むこともできます。 
 
遊びの最後に「新聞紙には破りやすい方向と破りにくい方向があるんだよ」と紙の性質を伝えれば、新しい学びにも繋がりますね。 
 
※掲載イラストや記事内容の 無断転載・二次利用、配布・加工は禁止とさせていただきます。 
 
▼あわせて読みたい!おすすめの遊び記事 
杉本綾子(すぎもと あやこ)

この記事を書いた人

杉本綾子(すぎもと あやこ)

特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会 所属
長年の保育現場勤務を活かし保育園の園長を経て、現在、現場で頑張っている人同士がともに学び、「心の栄養補給」ができる人材を育てるために講座などを企画・運営している。
『幼稚園教諭二種免許・保育士』『おもちゃコンサルタント』『絵画指導スペシャリスト』『保育ナチュラリスト』などの資格を取得。多様な視点から、園での遊びや保育に役立つヒントを届ける。

<芸術と遊びらぼ>
https://artplaylab.jp/
<芸術と遊び創造協会>
http://goodtoy.org/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事