閉じる

MENU

不適切な保育とは|保育者のアンケートから見る振り返り【保育をアップデート】

不適切な保育とは|保育者のアンケートから見る振り返りメイン画像
昨年から相次ぐ不適切な保育の発覚と、それを報じるニュース。これらの報道をきっかけに、保育者間でのさまざまな議論や、園内外での研修が行われています。今回は、改めて「不適切な保育」について考えるために、現場の保育者に実施したアンケートの結果をお伝えします。  

不適切な保育とは 

厚生労働省が令和3年に公表した「不適切な保育の未然防止及び発生時の対応についての手引き」によると、「不適切な保育」とは以下のことを指しています。 
 
  1. 子ども一人一人の人格を尊重しない関わり 
  2. 物事を強要するような関わり・脅迫的な言葉がけ  
  3.  罰を与える・乱暴な関わり  
  4.  子ども一人一人の育ちや家庭環境への配慮に欠ける関わり  
  5. 差別的な関わり 
 また、虐待については、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第33条の10各号に掲げる行為である、下記の4種類の行為類型を指します。  
  • 身体的虐待  
  •  ネグレクト  
  •  性的虐待  
  •  心理的虐待  
出典:不適切な保育の未然防止及び発生時の対応についての手引き(厚生労働省/令和3年3月/実施主体 株式会社キャンサースキャン)  

事件報告書から見る不適切な保育 

2022年12月に静岡県裾野市で発生した虐待事件を例に挙げると、園児の容姿を馬鹿にした呼びかけ、暴言を浴びせるなどの行為は「不適切な保育」にあたると報告されています。また、暴行(身体的な接触を伴う行為)を加えている、 もしくは暴力的な行為(身体的な接触なし)により脅威を与えているが、被害者に怪我を負わせていない場合などの行為は、「虐待」にあたると報告されています(裾野市報告による)。 
  
これらは、法に触れるからしてはならないのではなく、それ以前に、「子どもの権利条約」や保育所保育指針で定められた「保育所は、子どもの人権に十分配慮するとともに、子ども一人一人の人格を尊重して保育を行わなければならない」といった、人と人とのかかわりの根本から行ってはならない行為です。 
 
また上記の例以外にも、保育業務の中で「今までしてきたことだから」、「ほかの人もしているから」、「子どものために良かれと思って」といった意識から行われた行為が、実は子どもの権利を侵害しているということに気付いていない場合も考えられます。こうした誤った行動を防ぐためには、正しい情報を身に付けること、保育者同士で振り返りの場を設けることが必要です。 
 
例えば、全国保育士会では『保育所・認定こども園等における人権擁護のためのセルフチェックリスト~「子どもを尊重する保育」のために~』を公開していますので、こういったリストを利用するのもいいでしょう。 
https://www.z-hoikushikai.com/about/siryobox/book/checklist.pdf

「不適切な保育」に関するアンケート調査結果 

ほいくis編集部では、保育者を対象に実施したアンケートをもとに、子どもとの接し方で違和感を覚えた経験など、不適切な保育に関する調査をしました。  

9割以上が、子どもとの接し方で「これっていいの?」とモヤっとした経験あり 

まずは、不適切な保育とまでは言い切れないものの、保育の中で“モヤっと”感じた経験についてお聞きしました。 
 
●【質問】子どもとの接し方で「これっていいの?」とモヤっとした経験はありますか? 
子どもとの接し方で「これっていいの?」とモヤっとした経験はありますか?「はい」93.0%「いいえ」が7.0%
はい 1143件 93.0% 
いいえ  86件  7.0%
「はい」が93.0%、「いいえ」が7.0%となりました。9割を超す方が、子どもと接している場面の中で違和感を感じた経験があるという結果になりました。 
 
続けて、前問で「はい」と回答した方に具体的な事例を聞いてみました。 
 
●【質問】それはどんな場面ですか?具体的な例があれば教えてください 
  • 鬼さん来るよと言う言葉を発する 
  • 給食完食しないとデザート食べてはいけないという謎のルール 
  • ○○しないと遊ばせないという促し方をしていた 
  • 子どもが自分の思い通りになるかならないかが、自身の機嫌に影響する 
※原文ママ 
 
食事の順番や完食の強制や、「●●しないと■■できない」と保育者の都合を強要する行為、できないことを罰する発言、大人都合のルールを強いる行動を目にして、モヤっとしたという内容のコメントが多く寄せられました。 

 「不適切な保育」報道前後での保育者の心境の変化 

続いて、不適切な保育の報道が始まって以降に感じた心境の変化についてお聞きしました。保育者自身が自分の保育を振り返り、また保護者や外部の方からの視線の変化を感じるという声が多く寄せられました。 
 
●【質問】ここ最近の「不適切な保育」に関するニュースを受けて、子どもに対する接し方や保育に変化はありましたか? 
 
ここ最近の「不適切な保育」に関するニュースを受けて、子どもに対する接し方や保育に変化はありましたか?
変化があった 526件 57.9%
特に変化はない 383件 42.1%
結果は、「変化があった」が57.9%、「特に変化はない」が42.1%となりました。約6割の保育者が、報道前後で子どもに対する接し方や保育に変化があったと回答しました。 

 ●【質問】「変化があった」と回答した方にお聞きします。どんな変化がありましたか? 

  •  何をするにもこれは不適切か考えてしまうようになった 
  • 不適切保育に関する研修や会議は増えました 
  • 子どもへの伝え方、言葉選びをよりきをつけるようになった 
  • 自分や他の先生の改善しなくてはいけない所を匿名で集計して子どもや保護者ファーストを徹底した 
  • 園内研修でこれは虐待なのかを話し合い、この場合の対応の仕方などいい方向に進むようにした 
  • 保護者からの見る目が厳しくなった。危ない時に注意したが、怒ることは虐待だと言われた 
※原文ママ 
 
保育者自身で行動を見直したり、園全体で研修をしたりするなど、今までの保育の見直しをする動きについてのコメントが見られました。また、保護者からなど外部からの指摘を受けるなど、外的な変化についてもさまざまな意見が寄せられました。 

保育の質を求められる現場 

これまで子どもを尊重し、適切な保育を行ってきた保育者たちも、今回のケースをきっかけに改めて保育を見直しているという状況が分かる結果となりました。 
 
「いままで大丈夫だったから、これからも大丈夫」ではなく、より質の高い保育をするために何が必要なのかを考えていくことが求められています。 
 
ほいくisでは今後も、 
  • 今までの保育の振り返り 
  • 保育の今についてのキャッチアップ 
  • 子どもたちの育ちを支える保育者の成長 
について情報発信をし続けていきたいと思います。  
お忙しい中、たくさんのご意見ありがとうございました。 
 
<アンケート調査について> 
調査期間:2023年1月24日(1日)/調査方法:Instagramでアンケートを実施/調査対象:Instagramユーザー/有効回答数:1問目「Q. 1子どもとの接し方で「これっていいの?」とモヤっとした経験はありますか?」1,229件、2問目「Q. それはどんな場面ですか?具体的な例があれば教えてください」96件、3問目「Q. ここ最近の「不適切な保育」に関するニュースを受けて、子どもに対する接し方や保育に変化はありましたか?」909件、4問目「Q. 「変化があった」と回答した方にお聞きします。どんな変化がありましたか? 」56件、5問目「Q.「不適切な保育」を無くすためにはどのような改善が必要だと思いますか?自由にご回答ください。」119件 
 ▼関連記事はこちら
ほいくis(ほいくいず)編集部

この記事を書いた人

ほいくis(ほいくいず)編集部

保育・幼児教育のプロフェッショナルで構成された編集部のライティングチームが、質の高い保育を日々提供していくために必要な知識・ノウハウを発信。専門知識から保育ネタ、保育士試験関連情報、保育学生さん向けの情報まで、あらゆる分野を網羅していきます。

<公式Instagram>
https://www.instagram.com/hoiku_is/

<公式YouTubeチャンネル>
https://youtube.com/@hoiku-is

関連タグ
保育をアップデート関連記事

続きを読む

会員登録ボタン_2text