ログイン

保育園でハロウィン行事を盛り上げよう!オススメの仮装&製作アイデア

テーブルに並ぶハロウィングッズ
秋に保育園や幼稚園、認定こども園で行われる目玉行事のひとつと言えば「ハロウィン」ですよね。ハロウィンパーティーを開催して仮装をしたり、お菓子を配ったり、ゲームをしたりと、子どもたちにとっても楽しみな行事のひとつです。今回は、ハロウィンをより楽しくする製作アイデアやゲーム、絵本などをご紹介します。

ハロウィンとは

10月には、保育園や幼稚園、認定こども園でハロウィンパーティーをしたり仮装をしたりして、行事を楽しむところも多いのではないでしょうか。その他にも、お菓子を配ったり、かぼちゃに関連する行事食を食べたりと、さまざまな楽しみ方がありますよね。

せっかくなので、今年はハロウィンを楽しむ前に、その由来や意味を子どもたちに伝えてみませんか? 行事を楽しむ導入にもなるので、保育士さんもポイントを押さえておきましょう。

ハロウィンの由来は?

諸説ありますが、ハロウィンは元々古代ケルト民族が、その時代の1年の終わりとしていた10月31日に、収穫を祝うお祭りとして行っていたものだと言われています。また、この日には死者の霊がやってくると言われており、祭りにはその霊を追い払うための意味も込められているそうです。今ではメジャーな「仮装」は、霊たちに紛れるために行ったものだったそう。

難しい言葉も多いので、子どもたちに伝えるときには分かりやすくポイントをまとめて伝えてみましょう。
  • 昔、ある所では1年の最後は10月31日だった
  • たくさんの食べ物がとれることに「ありがとう」と気持ちを込めてお祭りをしていた
  • でもその日には怖いおばけもやってくる
  • おばけの世界に連れていかれないようにおばけの真似をして隠れていた
など、分かりやすく言い換えて伝えられるといいですね。

なぜハロウィンにはかぼちゃを使う?

ハロウィンと聞くと、多くの人が連想するのが「かぼちゃ」ですよね。かぼちゃのおばけ「ジャック・オー・ランタン」も有名です。ではなぜ、ハロウィンでかぼちゃを使うのでしょうか。

実は、先程由来としてご紹介したケルト人のお祭りでは、悪霊を追い払うためにカブを使っていたそうです。しかし後に別の地域に広まった際、カブはあまり馴染みがなく、収穫量の多かったかぼちゃを使ったことから現在の「ハロウィン=かぼちゃ」になっていると言われています。

このお話しは、子どもたちにも「カブ」や「かぼちゃ」といった食材を知ってもらうきっかけにもなります。ぜひ写真や実物を使って伝えてみてくださいね。
 

ハロウィン行事のねらいとは

ジャックオランタンのバルーン
ハロウィンはワクワクが詰まった定番行事ですが、保育園や幼稚園、認定こども園の活動として取り入れるときは、ねらいを持って行わなければなりません。行事をひとつのイベントとして楽しむことも大切ですが、ねらいを立てることも忘れずに。

<ねらいの例>
  • 行事を通して、異国の文化に触れる
  • その季節ならではの行事食を楽しむ
  • お友だちや保育者、地域の人との交流を楽しむ
  • 仮装をして自分のイメージを表現する
  • 行事の由来を聞いたり関連するものを見たりして想像力を豊かにする

簡単にできる手作り仮装アイデア

ハロウィンの仮装をしている子どもたち
ハロウィンパーティー当日は、子どもたちも保育士さんも、みんなで衣装を着て仮装をする園も多いのではないでしょうか。とはいえ、子どもたちの衣装を購入するとお金がかかってしまいますし、全ての家庭に「必ず衣装を用意してください!」とは言えませんよね。そこで、園で簡単に手作りできる仮装アイデアをご紹介します。

ゴミ袋でできる!手作り「マント」

黒色のビニールゴミ袋で作る、魔女のマントです。とても簡単ですぐに作ることができるので、みんなでお揃いにもできますよ。

<材料・用意するもの>
  • 黒ビニールのゴミ袋
  • リボン
  • ハサミ
  • セロハンテープ
<作り方>
  1. ゴミ袋の底を切り取ります。また、表側の面の真ん中に切り込みを入れて袋を開きます。
  2. 上を約10センチ程山折りにして、テープで留めます。
  3. 折った部分に等間隔でリボンが通る幅の切り込みを入れます。
  4. 3で作った切り込みにリボンを上・下・上…と順番に通していきます。最後まで通したら、首の前で結んで完成です!
<ポイント>
  • ゴミ袋にシールを貼ったりすれば、さらにオリジナル感溢れる仕上がりになります。
  • リボンが細すぎたり、きつく結びすぎると苦しくなってしまうので注意しましょう。
  • オレンジ色のビニール袋を使えば、かぼちゃの衣装にもなります。

円すい形で簡単!アレンジできる「帽子」

ハロウィンで使う魔女の帽子
円すい形の画用紙を使って簡単にできる帽子です。アレンジ次第でいろいろな帽子になるので、作り方を知っておくととても便利ですよ。

<材料・用意するもの>
  • 画用紙
  • ハサミ
  • セロハンテープ
  • リボン
  • のり※
  • シール※
  • クレヨン※
※は、必要に応じて用意するものです。

<作り方>
  1. まずは画用紙を円すい形に切り取ります。
  2. 切り取った円すい形の辺同士をテープでくっつけたら、帽子が完成です!
詳しい作り方はこちらから見ることができます。また円すい形の型紙も無料でダウンロードできるので、ぜひチェックしてくださいね。 <ポイント>
  • アレンジする場合は、シールを貼ったり絵を描いたりしてみましょう。
  • 画用紙でつばをつければ、魔女の帽子のようにもなります。

本格的でおしゃれ!アイマスク(仮面)


マントや帽子などの仮装グッズに加えて、仮面をつければさらに雰囲気が増します。紙皿を使って、おしゃれな仮面を手作りしてみましょう。

<材料・用意するもの>
  • 紙皿(本体用)
  • 色画用紙(オレンジ色・黄色・茶色・黒色など)
  • 割り箸(持ち手用)
  • モール(装飾用)
  • マスキングテープ(持ち手用)
  • のり
  • 両面テープ
  • セロハンテープ
  • カッター
  • ハサミ
<作り方>
詳しい作り方は、こちらの記事でチェックできます。黒猫バージョンもあるので、こちらもぜひ見てみてくださいね。

ハロウィンの楽しみ方【製作】

ジャックオランタンのお菓子入れ
次にご紹介するのは、園で簡単に手作りできる製作物です。室内の装飾はもちろん、子どもたちがお菓子をもらうのに便利なグッズまでまとめました。これでさらにハロウィンを盛り上げていきましょう。

お菓子が入る!紙皿バッグ

ハロウィン製作の定番ともいえる”お菓子バッグ”。さまざまな作り方がありますが、今回は紙皿でできるちょっとオシャレなバッグをご紹介します。キャンディやラムネなど、小袋のお菓子を入れるのにピッタリですよ。

対象年齢:3歳/4歳/5歳

〈用意するもの〉
  • 紙皿2枚(厚みがあり、底が膨らんでいるもの)
  • 目打ち
  • リボン
  • 画用紙
  • ペン
  • ハサミ
  • のり
  • 絵の具
〈作り方〉
  1. 1枚の紙皿の上1/3程度を切り取ります。
  2. 絵の具で2枚の紙皿に色を塗り、乾かします。色はカボチャならオレンジ、猫なら黒、など好きな色でOK!  ※①②は事前に準備をしておくとスムーズです。
  3. 切り取った方の紙皿の裏側を、画用紙などを使って好きなように飾り付けましょう。
  4. 紙皿の表側同士(食べ物を乗せる側)を合わせて、皿のフチ部分に均等に目打ちで穴を開けていきます。
  5. 穴にリボンを通せば完成です!
<ポイント>
  • リボンの長さは、肩掛けにできる長さだと両手が空いて使いやすくなります。おすすめです。
  • 厚みがある紙皿を使うことで、お菓子を入れる部分に膨らみが出るので出し入れしやすくなります。
▼別バージョンのお菓子バッグ

おばけかぼちゃのお菓子入れ


紙コップを使ったお菓子入れもおすすめです。ハロウィンらしいかぼちゃのおばけ「ジャック・オー・ランタン」が再現されて、子どもたちも喜ぶのではないでしょうか。

対象年齢:2歳/3歳/4歳/5歳

<材料・用意するもの>
  • 紙コップ
  • 色画用紙(オレンジ色・黒色)
  • 両面テープ
  • リボン
  • のり
  • 目打ち
<作り方>
詳しい作り方はこちらでご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。 <ポイント>
  • 簡単なので、保育士さんがサポートしながら子どもたちと一緒に作ることもできます。
  • 目打ちを使うときは、危険なので保育士さんが扱うようにしましょう。
▼別バージョンのお菓子入れ

装飾で盛り上げる!ハロウィンモビール


おばけやかぼちゃ、コウモリなど、ハロウィンに関連するものが繋がったモビールです。保育室内に飾れば、より雰囲気を出すことができるのでおすすめです。とても簡単なので、みんなで思い思いのモビールを手作りしてみましょう。

対象年齢:3歳/4歳/5歳

<材料・用意するもの>
  • 色画用紙(オレンジ色・黒色・桃色・水色・白色ほか)
  • テグス
  • クレヨン
<作り方>
  1. おばけ、かぼちゃ、コウモリ、キャンディなど作りたいものの型を画用紙で切り抜きます。
  2. 真ん中上部分には、パンチでテグスを通す穴を開けておきましょう。
  3. それぞれにクレヨンで顔を描いたり、模様を描いたりします。
  4. テグスを穴に通し、コマ結びで固定し、順番に繋げていけば完成!
こちらの記事でもご紹介しています。写真付きで見たい方はチェックしてくださいね。 <ポイント>
  • 保育士さんが最初に型を用意しておくとスムーズです。顔や模様を描くところは、乳児クラスの子どもたちでも楽しめます。

ハロウィンの楽しみ方【絵本】

行事の導入に定番の絵本。ハロウィンをテーマにしたものがたくさんあります。今回は、乳児・幼児クラスでそれぞれ楽しめる一冊をご紹介します。

モリくんのハロウィンカー

作:かんべあやこ
出版社:くもん出版
対象年齢:幼児
モリくんのハロウィンカー
[モリくんのハロウィンカー (日本語) 大型本]

>>本の紹介はこちら

ハロウィンの日、モリくんはたくさんの友だちを招待してパーティーを開催します。仮装をして集合したみんなは、モリくんが作ったカボチャの車に乗って「トリックオアトリート!」お菓子をもらいに行きます。でも、ねずみのきょうだいが森の中でおばけに出会ってしまい…⁉

仮装、カボチャ、お菓子、おばけとハロウィンの要素がたっぷり。ストーリー性もあり、大人でも楽しく読むことができます。ワクワクする始まりからドキドキハラハラする展開、そして最後はほっこりというお話の進みで、最初から最後まで絵本に釘付けになりますよ。
 

ハロウィンいないいないばあ!

著:インゲラ・アリアニウス
出版社:岩崎書店
対象年齢:赤ちゃん~
ハロウィンいないいないばあ!
[フェルトをめくると… (1) ハロウィン いないいないばあ!  (日本語) 単行本]

>>本の紹介はこちら

フェルトをめくって「いないいないばあ!」とすると隠れているのは誰? やわらかくカラフルなフェルトは赤ちゃんにピッタリ。分かりやすいイラストで楽しめるしかけ絵本です。

乳児にも行事を楽しんでほしい、そんなときには絵本を活用してみましょう。フェルトなのでやさしい触り心地で楽しめますよ。イラストがカラフルではっきりしているので、赤ちゃんの目を惹きますね。
   

ハロウィンを楽しもう

毎年保育園や幼稚園の行事の中でも盛り上がるハロウィン。製作や絵本などを取り入れて楽しみながら、異文化に触れる機会になると良いですね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事