ログイン

卒園式で何を着ればいい?保育士の服装や髪型をタイプ別に解説

満開の桜の花
3月と言えば、年長さんにとっては最後の晴れ舞台となる卒園式の時期です。保育園や幼稚園の中でも特に大きな行事ですが、成長した子どもたちの姿を見てもらうハレの日に、保育士や幼稚園の先生はどのような装いがふさわしいのでしょうか。今回は、スーツや和装など卒園式で着る服装選びから、アクセサリー、ヘアスタイル、メイクまでご紹介します。

服装選びのポイント【スーツ編】

卒園式では、スーツを着用することが多いですよね。特に年長さんクラスの担任ではない場合はスーツを選択することが一般的だと思います。しかし、スーツであればなんでもOKというわけではありません。選ぶときのポイントをしっかり押さえておきましょう。

色はダーク系を

スーツは、黒やネイビー、グレーなどのダーク系を選びましょう。中にはリクルートスーツを持っているという方もいらっしゃると思いますが、リクルートスーツはNGとしている園もあるようなので、事前に確認しておくといいですよ。フォーマルな場なので、可能であればリクルートスーツやビジネススーツは避けた方が無難でしょう。

卒園式にはお祝い事用のセレモニースーツがおすすめです。スカート、パンツ、ワンピースなどさまざまなタイプがあるので、着やすいものを選んでみてくださいね。

コサージュをつける

ダーク系のスーツを選んだら、胸元にはコサージュを合わせましょう。せっかくのお祝い事の場なので、華やかな彩りで盛り上げたいですね。白やピンクなど、明るい色のものがおすすめです。コサージュをつけるだけで、一気にハレの日に相応しい雰囲気になりますよ。

男性の場合は、コサージュの代わりにポケットチーフを選択してもOKです。お祝いの場なので、白系の色で胸元を飾ってみましょう。


 

アクセサリーはパールで

スーツにアクセサリーを合わせたいという場合もあると思います。一般的にお祝い事の際はパールが良いとされています。ただし、あまり華美ならず、落ち着いたデザインのものを合わせると良いでしょう。

足元は着脱しやすいものを

卒園式後は外に出ることもあるので、スーツに合わせるパンプスは着脱しやすいものを選びましょう。また、ピンヒールやミュールのようなものは、卒園式には不向きなので、できるだけ避けるようにしましょう。

服装選びのポイント【袴編】

卒園児クラスの担任の先生は、袴を着ることも多いですよね。中には「担任の先生以外でも袴を着る」という決まりや、逆に「担任以外は着てはいけない」などという決まりを設けているところもあるようですが、基本的にはその園のしきたりに合わせる必要があります。では、袴を着る場合はどのようなものがいいのか確認しておきましょう。

訪問着や色無地がおすすめ

主役は子どもということも考慮し、シンプルさを大切にしつつも和装の美しさを出すことができる色無地や、和装でいうとスーツと同じような場面で着用される訪問着がおすすめです。着物レンタル店では、「先生向け」としてセットで貸し出しをしてくれるところもありますのでチェックしてみてくださいね。

足元は草履で

最近では、袴にブーツを合わせるスタイルも流行しています。とてもおしゃれですが、派手な印象に捉えられてしまうこともあり、着脱にも時間がかかるので、卒園式では草履がおすすめです。

おすすめヘアスタイル

服装と同じくらい迷ってしまうのが、ヘアセットですよね。お祝いの華やかさと清潔感とのバランスが取れた髪型にはどんなものがあるのでしょうか。ここではおすすめのヘアスタイルをご紹介します。

ハーフアップ

和装にもよく似合うハーフアップはおすすめの髪型の一つ。顔周りの印象がすっきりするので、明るい雰囲気を演出することができます。

編み込み

元々ショートヘアで「ヘアセットに悩む」という方にもおすすめです。編み込みをすることで華やかなヘアスタイルが可能です。サイドの髪を編み込んだり、前髪を編み込んだりとバリエーションも豊かですよ。

アクセサリーを使用したまとめ髪

凝ったヘアセットをしなくても、バレッタなどを使用して髪をまとめるだけで卒園式に相応しいヘアスタイルを作ることが可能です。ひとつに結ぶだけでも、ヘアアクセサリーがあると雰囲気が変わりますよね。アクセサリーは、あまり華美ではないものを選ぶようにしてくださいね。

ハレの日メイクのポイントは?

スーツやワンピースなどをセレモニースタイルで着用すると、ついついメイクもいつもより濃くしがち。それだけで急に厚化粧感が出てしまったり、老け込んで見える場合もあります。ハレの日には、メイクを濃くするのではなく普段のメイクにメリハリをつけるところがポイント。ナチュラルメイクアップ協会監修による、プロが教えるテクニックを参考にしてみてください。

主役は子どもたち

卒園式の主役はあくまで子どもたちです。先生方の服装選びは、目立ちすぎないものを選ぶことが鉄則です。園のルールもあると思いますので、それぞれ確認しながら、ハレの日に相応しい服装を選んでみてくださいね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事