すぐに使える月案文例・フォーマット【5月/4歳児クラス】※ダウンロードあり

4歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例をご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、4歳児クラス・5月の月案です。

ねらい

  • 保育者や他児と関わりながら遊びを楽しむ。
  • 言葉で自分の気持ちを伝えようとする。
  • 保育者や他児の話を聞き、理解しようとする。
  • 自然物や廃材を活用した遊びを楽しむ。
  • 自分で考えながら、遊びを展開させていく。
  • 身の回りのことを自分で行う。
  • 普段食べているさまざまな食材について知る。
  • 活動後の手洗い、うがいを徹底する。
  • 保育者の手伝いや、年下クラスの子どもたちの手助けを行う。
  • 行事を楽しみながら、社会のマナーを学ぶ。

内容

  • ままごとやブロック遊び、複数人で行うゲームなどを通して、他児との関わりを増やしながら楽しむ。
  • 保育者や他児と自分の経験したことについて話すなど、より深く会話を楽しむ。
  • 保育者との関わりの中で、さまざまな単語を覚えていく。
  • 子ども同士で分からないことを質問したり、互いに教え合いながら遊んだり活動をする。
  • 段ボールや牛乳パックなどの廃材、近隣で採れる草木などを活用した製作遊びを室内で楽しむ。
  • 草や花を使った色水を作り、自然の不思議や面白さに気付く。
  • 着替えや排せつ、片付けなどを自分で積極的に行う。
  • ピーマンやトマトの苗植え、水やりをして食物ができるまでの過程を観察する。
  • 食事の前や遊びの後、トイレの後など、どの場面で手洗いやうがいが必要なのか、保育者と話しながら知る。
  • 保育者の話や絵本などを通して感染症の流行や予防について知り、自分を守るための意識を持つ。
  • 積み木やブロックなど、遊び方が固定されないおもちゃを使い、子どもたちが個々に好きな遊びを見つける。
  • 自分のことだけでなく保育者や他児の行動にも興味を持ち、一緒にやろうとする。
  • 遠足を楽しむだけでなく、目的地に向かうまでの交通マナーや公共マナーについて考え実行する。

環境構成

  • 複数人で楽しめるような遊びを行うときは、十分に楽しめる広さを確保する。
  • 子どもと向き合って話をしたり、聞いたりする時間を持つ。
  • 必要以上に仲介せず、子ども同士の関わりを見守る。
  • 段ボールや牛乳パック、トイレットペーパーの芯など、遊びに繋がりそうな廃材を用意する。
  • 子どもたちが主体的に活動を楽しめるよう、子どもたちの普段の遊びの様子や興味を見守り、それに繋がるようなものを準備する。
  • 子どもたちが自分で身の回りのことに取り組めるよう、ロッカーやおもちゃの箱に分かりやすく中身を明記する。
  • 手洗い、うがいをしなくてはいけない理由や、感染症にかかるとどうなるのかを子どもたち自身が考える時間を作る。
  • 正しい手の洗い方を書いたポスターを手洗い場に掲示する。
  • 生活をする中でのマナーや、人の気持ちなどについて考える機会を設け、道徳心を育てていく。

予測される子どもの姿

  • 子ども同士で声を掛け合い、助け合う姿が見られる。
  • 長期連休明けで生活リズムが乱れ、体調を崩す子がいる。
  • 自然を使った遊びの中に、普段のおもちゃとは違う楽しみを見つけ、夢中になって遊ぶ。
  • ひとつのおもちゃから、個々にさまざまな遊び方を見つけて楽しむ。
  • 感染症について自分なりに考え、感じたことを保育者と話す。
  • 野菜栽培に積極的に取り組み、水やりなどを楽しむ。
  • 他児と協力して片付けをしたり、給食の配膳をする。
  • 子ども同士や保育者との会話を楽しみながら、さまざまな単語を覚えていく。
  • 年下クラスの子どもたちの着替えや片付け、寝かしつけなどを積極的に「やりたい」と言う。
  • 道徳心が生まれ、してはいけないことや危険なことなどを自分で見つけ、子ども同士で声を掛け合う。

家庭や地域との連携

  • 暖かい日と肌寒い日があるため、調整しやすい服装で登園するようお願いする。
  • 自宅でも手洗い、うがいを徹底するよう協力を求める。
  • 園での遊びや製作に使用できそうな廃材があれば提供に協力してもらえるよう呼びかける。
  • 連休明けは体調を崩しやすいので、子どもの様子を互いに共有し合いながら見守っていく。

健康や安全

  • 正しい手洗いの方法を身に着ける。
  • 気温差による体調不良に気を遣いながら、衣類による調整を行う。
  • 子どもたち自身でできることが増える一方で、活動範囲が広がりケガなどの危険もあるため改めて遊びの環境を見直す。

食育

  • 栽培活動の中でそれぞれの植物の色や葉の形、大きさなど細かい部分にも注目しながら観察を楽しむ。
  • 箸を使いながら食事を楽しむ。
  • 保育者と一緒に給食の配膳や片付けを行う。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

月案文例(PDFファイル)

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。


>>指導案・おたより
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事