保育現場で注目の「ドキュメンテーション」とは?メリットと作成ポイントを解説

写真を手にしているところ
子どもたちの活動の様子を写真や文章、コメントなどで形に残すドキュメンテーション。上手く活用することでより良い保育に繋がることが知られてきたこともあり、最近は実施している保育園、幼稚園も増えているようです。今回は、その役割や作り方のポイントをご紹介します。

ドキュメンテーションとは?

紙と鉛筆とペン
日々保育をしていると、子どもたちの動きや発言に「おもしろい!」と思わず笑ってしまったり、大人とは違った視点の発見に「すごい!」と感動したり…そんな場面が多くあるのではないでしょうか。

そのような毎日を記録するために有効なのが、ドキュメンテーションです。ドキュメンテーションとは、子どもたちの会話や行動、その日の活動内容などを、写真や動画、コメントなどで記録し、みんなが目に見えるようにするものです。

この取り組みは、イタリア発祥の幼児教育方法「レッジョ・エミリア・アプローチ」で行われているもので、近年日本の保育界でも注目を浴びています。

>>保育現場で話題の教育法「レッジョ・エミリア・アプローチ」とは?
>>アートで子どもの個性を引き出す『関東学院六浦こども園』のレッジョ・エミリア・アプローチ

役割とメリット

保育現場でドキュメンテーションを取り入れることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。実は、ドキュメンテーションを行うことで保育士だけでなく、子どもたちや保護者にとっても良い点があります。

客観的に保育を振り返ることができる

砂場で遊んでいる子ども達
その日の活動を写真などで記録することにより、後から保育士が客観的に保育を振り返ることができます。会話や行動を記録しておけば、そのやり取りの中から子どもたちの興味の対象や、次の活動に繋がるヒントが見つけやすくなることも。

活動の共有ができる

ドキュメンテーションを園内の掲示板などに貼り出して、保護者と一日の活動を共有することもできます。連絡帳だけでは伝えきれない様子を、目に見える形で伝えられるのは大きなメリットですよね。もちろん、園全体での共有にもなります。

コミュニケーションツールになる

ドキュメンテーションは保護者だけでなく、子どもたちとのコミュニケーションにも役立ちます。子どもたちも一緒になって活動を振り返ることで、話し合いの機会や意見を出し合う場にもなります。

作るときのポイント

ドキュメンテーションを作るときには、いくつか注目したいポイントがあります。しっかり抑えて有効に活用しましょう。

ポイントを絞って素材集め

写真を撮るところ
ドキュメンテーションを作成するときはまず、使用する素材を集めます。写真、動画、実際のモノなど活動の様子が伝わりやすい素材が必要です。このとき、子どもたちが興味を示していたもの、子どもならではのおもしろい視点など、ポイントを絞って素材を集めると作成しやすくなりますよ。

テーマを決めておく

毎回すべての活動をドキュメンテーションにしていると、収拾がつかなくなり大変です。まずは、テーマ決めをしてから取り組むことがおすすめ。ひとつのテーマの中から見えてくる子どもたちの発見や気付きに着目することで、より良い保育に繋がるポイントが見えやすくなってきます。

重要なところを絞り出す

「この会話がおもしろかった!」とすべてを書き出してしまっては、長々とした日記のようなドキュメンテーションになってしまいます。その中でも特にポイントとなった会話を絞り出してみましょう。
「子どもはこんな風に感じているんだ」「そういう見方があるんだ」と感じるような、“大人にとっても新しい発見”となった部分を書き出すと次の活動につなげやすいですよ。

ドキュメンテーションで保育の質向上へ

一見難しそうに思えるドキュメンテーションですが、慣れてくると楽しみながら日々の保育を振り返ることができるようになります。うまく活用することで保育がさらに充実したものになり、質の向上にもつながるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>どうする?保育園の複数担任。うまくクラス運営するコツ​​​​​​​
>>「デジタル能力の育成」が義務化されたスウェーデンのプレスクール
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事