ログイン

すぐに使える月案文例【8月・5歳児クラス】※ダウンロードあり

5歳児クラスの子ども達
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、5歳児クラス・8月の月案です。

ねらい

  • 自分の健康状態が分かり、熱中症や感染症の予防をしながら元気に過ごす。
  • 自分と他者との違いを理解しながら、自分らしさを発揮して生活をする。
  • 身近にあるものを遊びに取り入れ、イメージを形に表す。
  • 運動会について保育者と子どもたちで話し合い、競技やテーマを決めていく。
  • 運動会で使う装飾などを自分たちで考えて製作する。
  • ルールの大切さについて考え、自分たちで守るべき項目を決める。

内容

  • 暑い、喉が乾いている、疲れたなどの状態が分かり、自分で保育者に伝えたり水分補給や休憩などの対応を取る。(健康)
  • 「自分はこんな遊び方が良いと思う」「こうしたらもっと楽しくなる」などの意見を他児と伝え合い、さまざまな考えを取り入れながら同じ遊びを楽しむ。(人間関係・言葉)
  • 段ボールやお菓子の空き箱、カップ、など使わなくなった物を利用してごっこ遊びに取り入れたり、それを活かして運動会の飾りやテーマを考えたりする。(環境)
  • 今年は例年より縮小して運動会を行うことを理解し、その中でどうすれば楽しめるのかを考えながら、競技やテーマを話し合って決めていく。(言葉)
  • テーマに沿ったものを考え、何を使えば表現できるのか試行錯誤しながらさまざまなものを試して装飾を製作する。(表現)
  • 運動会の話をきっかけにルールの必要性について考え、「感染症対策のためのルール」「競技の中のルール」などを作り、普段の生活にも活かそうとする。

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 自分で考えて行動できるよう、個々にコップやタオル、着替えなどを用意しておく。
  • 想像力や思考力が広がるように、既存の玩具だけでなく遊び方が決まっていない手作り玩具やさまざまなものに見立てられる玩具を用意する。
  • 家庭や給食室からもらった廃材をストックしておき、子どもたちのイメージに合わせて選んで遊べるようにする。
  • 運動会の開催状況について話し、今年の体制や注意点を子どもたちが理解できるようにする。そのうえでどうしていくか話し合う。
  • テーマを決めたらどんな風に表現したいのか話し合い、必要な物や使ってみたい物を子どもたちが考え、それをもとに用意していく。
  • どの場面でどんなルールが必要なのか保育者がテーマを出しながら、決定は子どもたちを主体に行う。

予測される子どもの姿

  • どうすれば健康状態を保つことができるのかが分かり、自らその方法を実践しようとする。
  • 意見を伝え合う中で食い違いが起きトラブルも起こるが、話し合って解決しようとしたり相手の意見を受け入れて折り合いをつける姿が見られる。
  • 普段であれば捨ててしまうようなものでも、新たな視点で使い道を見出したりアイデアを思いついて遊びの幅を広げる。
  • 初めは運動会の体制の変化に疑問を持つが、話をしていくうちに理解を深め新しい様式での開催方法のアイデアを出し合う。
  • 運動会を楽しみにしながら、「こんな風にしたい」というイメージを伝え合い、納得がいくまで何度も作り直して準備する。
  • 過去に家庭や園で学んださまざまな決まり事をもとに意見交換をし、ルールを作ろうとする。

家庭や地域との連携

  • 今年は運動会の開催方法が変更になったことをおたよりやノートで知らせ、理解や協力を仰ぐ。
  • 室内での熱中症の危険性についても保健だよりで知らせ、家庭でも注意をして対策をするよう促す。

健康や安全

  • 感染症対策や通常の熱中症対策だけでなく、マスクの着用による熱中症の危険性についても理解し、子どもも職員も適度に換気をしたり状況によってはマスクを外すなどして対応をする。

食育

  • 生産者がいて食事ができることを絵本や保育者の話で学び、感謝の気持ちと共に食材を大切にする気持ちを育くむ。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
 
月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら

>>すぐに使える月案文例【7月・5歳児クラス】※ダウンロードあり

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事