ログイン

すぐに使える月案文例【10月・2歳児クラス】※ダウンロードあり

2歳児クラスの子どもたち
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、2歳児クラス・10月の月案です。

>>無料会員登録はこちら

ねらい

  • 生活習慣がしっかり身に着き、自分で身の回りのことを行う。
  • 集中力が身に着く。
  • 挨拶などを通して人との関わりを深める。
  • 楽器を使って音楽を楽しむ。
  • 秋の自然を楽しむ。
  • さまざまな言葉に興味を持ち、使おうとする。
  • 感性が豊かになり、色に興味を持つ。

内容

  • 食事や衣類の着脱がひとりでできるようになり、自信をもって身の回りのことを行おうとする。(健康)
  • 指先が器用になり、クリップ遊びや紐通しなど細かい作業のものに集中して取り組む。(健康・環境)
  • 保育者や他児、地域の人と挨拶を交わすことで関わりを持ち、人への関心を高める。(人間関係)
  • 楽器に興味を持ち、生活発表会に向けて楽しみながら進んで練習をしようとする。(環境)
  • 他児と競いながらドングリ集めを楽しみ、秋の自然に触れる。(環境・人間関係)
  • 保育者の言葉に興味を持ち、意味を聞いたり真似して使おうとする。(言葉)
  • 好きな色を使って絵を描いたり、色の違いに興味を示しながら感性を育む。(表現)


※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)

環境構成

  • 子どもがチャレンジしているときは保育者は手を出さず見守り、「自分でできた」という体験を積めるようにする。
  • クリップ遊びや紐通しなどができるコーナーを設ける。また子どもの手のサイズに合わせて、手作りのものを用意する。
  • 毎日の挨拶を欠かさず交わし、子どもが気持ちよさを感じられるようにする。
  • タンバリン、鈴、カスタネットなどさまざまな楽器を準備して、自分の好きなものを選べるようにする。
  • 集めたドングリを入れるためのお散歩バッグを作る。
  • 保育者はお手本となるように、子どもが分かりやすい言葉を使ったり、普段から正しい言葉遣いに気を付ける。
  • いろいろなところで色を意識できるよう、「お花がピンク色だね」「葉っぱが緑色から茶色になったね」など声かけをする。

予測される子どもの姿

  • 自分でできないもどかしさから泣いたり怒ったりすることもあるが、諦めずに取り組もうとする。
  • 指先をうまく使い、細かい作業を集中して行う。
  • 自然とその場にあった言葉で挨拶ができるようになる。
  • 「音がキレイ」「大きいのがいい」など個々にお気に入りの楽器を見つけ、音楽を楽しむ。
  • お友だちよりも大きなドングリを見つけたい、という競争心が芽生え、一生懸命集める姿が見られる。
  • 興味の幅が広がり保育者への質問が増える。
  • お気に入りの色にこだわって絵を描いたり、物を選んだりする。

家庭や地域との連携

  • 楽器に挑戦している姿を写真を使っておたよりなどで共有する。
  • 生活習慣が身に着いてきたことを伝え、家庭でもできるだけ見守るように伝える。

健康や安全

  • 肌寒い日も増えるので、衣類による体温調節などに気を遣う。
  • 興味関心が広がり、散歩の道中にいろいろな方向に気を取られることがあるため、交通マナーについて確認する。

食育

  • プランターで簡単にできる植物栽培に挑戦し、「育てる」経験を積む。

ダウンロード


>>無料会員登録はこちら

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ
月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら
>>すぐに使える月案文例【9月・2歳児クラス】※ダウンロードあり

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事