ログイン

敬老の日に感謝を伝える!子どもたちと作る製作プレゼント

祖父母にプレゼントを渡している子ども
9月の第3月曜日は「敬老の日」。おじいちゃんやおばあちゃんに感謝を伝える日として、保育園や幼稚園でもプレゼントを準備しているところも多いのではないでしょうか。今回は、敬老の日におすすめの贈り物や行事の意味、ねらいなどをご紹介します。

敬老の日とは

カレンダーとフェルトで作られた人形
9月の第3月曜日は「敬老の日」です。一見保育園ではあまり関係のない行事に思えるかもしれませんが、自分のおじいちゃんおばあちゃんだけでなく、地域の高齢者施設の方々に贈り物をするなど、行事として取り入れているところも多くあります。まずは概要を見ていきましょう。

どんな日?

内閣府のホームページ『「国民の祝日」について』によると、敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」とされています。園では、いつも遊んでくれるお礼をしたり、これからも長生きしてほしいという願いを込めるなどして、プレゼントをすることが多いですね。

出典:国民の祝日について/内閣府

由来

敬老の日は、昔兵庫県にある多可郡野間谷村(現:多可町)で、「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を生かした村作りをしよう」と、9月15日に「としよりの日」が作られたことが始まりとなっているそうです。その後全国に広がり、「としより」という表現が1963年(昭和38年)に「老人の日」、1966年(昭和41年)に「敬老の日」となり、国民の休日として制定されました。

現在は祝日法改正(ハッピーマンデー法)によって9月の第3月曜日が敬老の日となったため、2020年は9月21日(月)となります。9月15日から21日までが「老人習慣」となっているので、その期間にプレゼントなどをするのが良いかもしれません。

園の行事としてのねらい

園で行事として敬老の日に何かを行う場合は、しっかりとねらいを立てておきましょう。

例)
  • 祝日の意味を理解し、伝統文化を学ぶ
  • 高齢者との関わりを深める
  • 感謝の気持ちを自分なりの方法で表現する
  • 家族を大切にし、思いやる気持ちを育む
ただただ製作をしたり遊ぶのではなく、感謝の気持ちとはどういうことなのかを考えられる機会になると良いですね。


おすすめの製作プレゼント3選

子どもからおばあちゃんへ渡しているところ
保育園や幼稚園で敬老の日のプレゼントをするのであれば、どのようなものが良いのでしょうか。今回は、子どもたちと一緒に製作できるものからおすすめをご紹介します。

願いを込めて!折り紙でお守り

手作りおまもり
「これからも元気でいられますように」そんな願いを込めて、お守りを作ってみてはいかがでしょうか。

【材料】
  • 折り紙(柄があるものがおすすめ)
  • 画用紙
  • ペン
  • のり
  • 穴あけパンチ(あれば)
  • リボンや毛糸(あれば)
【作り方】
  1. 折り紙を横半分に折り、さらに縦3等分に折ります。
  2. 折り紙の大きさに合わせた画用紙を用意します。
  3. 3等分にした折り紙の真ん中に、画用紙を置き、折り紙の左右を折ってのりで留めます。
  4. 上の角を裏側に折り込みのりで留め、画用紙に「おまもり」と書いて、表に貼れば完成です! ※穴あけパンチで穴を開け、紐を通してキーホルダーのようにしてもOK!
★point
  • 中に入れる画用紙は少し厚みを持たせると触り心地が柔らかくなり、本物っぽさが増します。
  • 画用紙にはお願い事を書いておくと、より気持ちがこもったおまもりになりそうです。
>>詳しい作り方はこちら!

紙粘土でオリジナル写真立て

自分のおじいちゃん、おばあちゃんにも、地域の施設の方にも、ぜひ子どもたちと一緒に撮った写真を飾ってプレゼントしてみてくださいね。

【材料】
  • 紙粘土
  • 段ボール
  • ビーズなどの飾り
  • 接着剤
【準備】
  • 段ボールは作りたい写真立ての大きさに合わせて3枚用意します。
1枚目→そのまま
2枚目→写真のサイズより少し大きめにコの字型
3枚目→写真のサイズより少し小さめに真ん中を切り抜く

【作り方】
  1. 3枚目の段ボールに紙粘土をつけていきます。色付き紙粘土などを使っても可愛いですよ。
  2. 紙粘土を上にビーズやリボン、おはじきなど、飾りをつけていきます。終わったらしっかり乾かしましょう。
  3. 段ボールを1枚目→2枚目→3枚目の順にくっつけていけば完成です!
★point
  • 紙粘土が乾いてきたら水を少し足しながら作業しましょう。
  • 小さな飾りは、誤飲誤食に気を付けながら使用しましょう。
  • リボンを付けるなどして、壁に飾れるように工夫してもOKです。

牛乳パックで小物入れ

パッチワーク
メガネやペン、アクセサリーなどを入れるのにぴったりな手作り小物入れは喜ばれること間違いなし! 簡単なので、低年齢児クラスでも挑戦できます。今回はパッチワーク風の小物入れの作り方をご紹介します。

【材料】
  • 牛乳パック
  • 接着剤
  • はさみ
  • セロハンテープ
  • 布(無地・柄)
【準備】
  • パックの側面のうち一面を切り取ります。口の方はうまく折りたたみ、テープでとめて底側と同じように平らにしましょう。こうすると横長の箱ができます。
※入れるものに合わせてパックのサイズを調整してもOKです。
  • 柄の布は小さめの四角に切っておきましょう。
【作り方】
  1. 牛乳パック全体に無地の布を貼ります。
  2. 1で貼った布の上に、あらかじめ小さな四角形に切っておいた柄布を好きな場所に貼っていけば完成です。
★point
  • 四角に切った布がパッチワークのようになり、張る場所によって個性が出ます。さまざまな柄のものがあるとより可愛く仕上がりますよ。
  • 牛乳パックを使った小物入れの作り方は多くありますが、今回は一番簡単なものを紹介しました。どの年齢でも楽しめます。

思いを込めてプレゼントを

ご紹介した物の他にも、ラミネートして作るしおりや、無地のうちわに絵を描くなどオリジナルプレゼントは多くあります。思いを込めた製作で、世界にひとつのプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

>>月案や指導計画に役立つ!秋にオススメの手遊び歌&キッズミュージック3選

まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事