ログイン

すぐに使える月案文例【10月・0歳児クラス】※ダウンロードあり

0歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、0歳児クラス・10月の月案です。

>>無料会員登録はこちら

ねらい

  • 気温の変化に応じながら健康に過ごす。
  • ゆったりとした雰囲気の中で、食事を楽しむ。
  • 保育者に自分の気持ちを表現しようとする。
  • 他児と関わりを持ち、やり取りを楽しむ。
  • 音楽やリズムに合わせて体を動かす。
  • 秋の自然に触れる。

内容

  • インフルエンザが流行し始める時期なので、手洗いをしっかりと行い、健康に過ごす。(健やか)
  • 保育者の手伝いを受けながら、自分の意思でスプーンやコップを使い、食事を楽しむ。(健やか)
  • 一語文での会話や指さしを行い、自分の気持ちを保育者へ伝えようとする。(ヒト)
  • 他児に興味を持ち、体に触れたりおもちゃを渡すなどして、やり取りを楽しむ。(ヒト)
  • 音楽やリズムに合わせて、音を楽しみながら、身体を動かす。(モノ)
  • 戸外活動で秋の自然に触れ、身体を十分に動かして遊ぶ。(モノ・健やか)

※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある乳児保育の3つの視点のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健やか(健やかに伸び伸びと育つ)
  • ヒト(身近な人と気持ちが通じ合う)
  • モノ(身近なものと関わり感性が育つ)

環境構成

  • 健康に過ごせる環境をつくるため、気温に合わせて衣類による体温調節をしたり、保育室の換気、室温・湿度の管理を徹底する。
  • 子どもたちが自分で食べることを楽しめるように、お皿に盛る量を調節、またスプーンを準備して、使いたい時に使えるようにする。
  • 一人ひとりの食べるペースに合わせて関わりながら、子どもたちが食事を楽しめるように対応をする。
  • 他児との関わり合いの際、保育者が仲介しながら、一緒に言葉や遊びを広げていく。
  • 他児やさまざまな物に興味を示すようになり、行動が広範囲になるため、転倒などがないよう床は片付けておき、探索活動を楽しめるように配慮する。
  • 子どもたちが好きな歌や興味を惹くような曲をかけ、自然に音楽に親しめるようにする。
  • 自然をゆっくりと感じられるように、ゆとりを持って出かけ、子どもがじっくり興味に関わる時間を作る。
  • 散歩に出た時に木の実や落ち葉、石などを口に入れないように保育者が気にかけながら、安心して楽しめるようにする。

予測される子どもの姿

  • 急激に変化する気温や感染症の影響で、体調を崩しやすくなる。
  • 自分でスプーンを使い食べようとしたり、コップを持って飲むことに意欲を見せる。
  • 口の中に食べ物を入れたまま遊ぼうとすることがある。
  • 「どうぞ」「ちょうだい」など言葉を発したり、それに対して物を渡すしぐさや拒否をする姿が見られる。
  • 思い通りにならないと機嫌が悪くなり、泣いたり怒ってしまうことがある。
  • たくさん動き回るようになり、夕方になると疲れが見られる時がある。
  • 音楽や手遊びなどに興味を示し、保育者の真似をして、立ったり身体を揺らしたりする。
  • 秋の自然に触れ、木の実や虫、草花などを見つけ、楽しむ様子が見られる。

家庭や地域との連携

  • 気温の変化に応じて子どもたちの体調管理ができるよう、調整しやすい衣服を用意してもらう。
  • 気温が下がったり、感染症の流行で体調を崩しやすくなるため、子どもたちの体調や様子をこまめに伝え合い、健康状態を把握できるようにする。

健康や安全

  • インフルエンザが流行してくる時期なので、子どもたちや保育者の手洗い、うがいを徹底し、予防を行う。
  • 玩具の消毒も丁寧にこまめに行い、感染症対策を徹底する。

食育

  • 食べられるものが増え始めるため、いろいろな食材を親しめるように、少しでも食べるように声をかける。
  • スプーンを使う子もいるため、必要に応じてサポートしながら進める。
  • 最後まで楽しく食べられるように、声かけや雰囲気づくりを行う。

ダウンロード


>>無料会員登録はこちら

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

月案フォーマットはこちら

文例(PDFファイル)


月案文例はこちら

>>すぐに使える月案文例【9月・0歳児クラス】※ダウンロードあり

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

毎日の保育に役に立つアイデアや情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事