ログイン

【2021年版】すぐに使える月案文例・フォーマット【10月・0歳児クラス】※ダウンロードあり

0歳児クラスの子ども
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、0歳児クラス・10月の月案です。
>>月案文例リンク集はこちら

今月のポイント

暑さが厳しい夏が過ぎ、あっという間に秋になりました。この時期は、ゆっくりと自然に触れられるように気候や体調に注意しながら戸外活動を楽しんでみましょう。さまざまなものに実際に触れて、五感を使った楽しみ方ができると良いですね。

ねらい

  • 気温の変化に合わせて健康に過ごす。
  • ゆったりとした雰囲気の中で、食事を楽しむ。
  • 食事の準備や片付けなどをして生活習慣を身に着ける。
  • 保育者に自分の気持ちを伝えようとする。
  • 他児と関わりを持ち、やり取りを楽しむ。
  • 保育者の言葉を理解して行動する。
  • 戸外活動を楽しみ自然に触れる。
  • 「今月の体操」の音に合わせて身体を動かす。
  • ハロウィンパーティーで行事の雰囲気を楽しむ。

内容

  • 戸外遊びで身体を動かしたり、室内遊びをしたりしながら、その日の気候に合わせた活動を楽しむ。(健やか)
  • 保育者から「おいしいね」「もぐもぐしようね」などの声かけを受けながら、個々のペースで食事をする。(健やか)
  • 保育者と一緒に自分の食事エプロンを準備したり、手を拭いたりする。(健やか・ヒト)
  • 単語を使ったりや指差しをしたりして、自分の感情を表現する。(ヒト)
  • 他児に興味を持ち、体に触れたりおもちゃを渡すなどして、積極的に交流する。(ヒト)
  • 「お片付けだよ」「ご飯食べようね」などの保育者の言葉を理解し、返事をしたり手を挙げたりする。(ヒト・健やか)
  • 砂場遊びや芝生での歩行などをして、五感を使いながら戸外で遊ぶ。(モノ・健やか)
  • 「はとぽっぽ体操」や「ぴよぴよ行進曲」などの音楽に合わせて、身体を揺らしたり声を出して反応したりする。(健やか)
  • ハロウィンパーティーに参加し、仮装をしたりおやつを食べて行事を楽しむ。(モノ・健やか)
※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある乳児保育の3つの視点のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健やか(健やかに伸び伸びと育つ)
  • ヒト(身近な人と気持ちが通じ合う)
  • モノ(身近なものと関わり感性が育つ)

環境構成

  • 健康に過ごせる環境をつくるため、気温に合わせて衣類による体温調節をしたり、保育室の換気、室温・湿度の管理を徹底したりする。
  • 子どもたちが食べることを楽しめるように、適度な声かけをしたり、お皿に盛る量を調節して食べやすいようにしたりする。
  • 自分で食事の準備をできるように、個別の絵柄マークをつけた箱にお手拭きやエプロンを入れておく。
  • 「気持ちが伝わった」と感じられる体験を増やせるように、子どもの気持ちを代弁したり受け止めたりする。
  • 他児やさまざまな物に興味を示すようになり、行動が広範囲になるため、転倒などがないよう床は片付けておき、探索活動を楽しめるように配慮する。
  • 子どもに伝わりやすいような言葉を使ったり、一人ひとりに向けて言葉がけをしたりする。
  • 自然をゆっくりと感じられるように、ゆとりを持って出かけ、子どもがじっくり興味に関わる時間を作る。また石やゴミなど誤飲につながるようなものは先に避けておく。
  • 体操をするときは広い場所を作り、動いても危険がないような環境を整える。
  • 少しでもハロウィンの雰囲気を楽しめるように、絵本を導入で読んでおく。

予測される子どもの姿

  • 季節の移り変わりで体調を崩しやすくなる。
  • 自分の力で食べようとしたり、食べたい物を指さして伝えようとしたりする。
  • 自分のマークを理解して、進んでエプロンやお手拭きを出そうとする。
  • 思い通りにならないと機嫌が悪くなり、泣いたり怒ったりすることがある。
  • 「どうぞ」「ちょうだい」など言葉を発したり、それに対して反応をしたりしながら他児との交流が増える。
  • 保育者の声かけに対して素早く反応し、できることが増える。
  • 砂の感触を楽しんだり、少しずつ歩いて遊んだりしながら戸外でのびのびと身体を動かす。
  • 体操の音楽が流れると、保育者の真似をして身体を揺らしたり歌ったりする。
  • パーティーの出し物に興奮したり、ハロウィンモチーフのおやつをうれしそうに食べたりする。

家庭や地域との連携

  • 気温の変化に応じて子どもたちの体調管理ができるよう、調整しやすい衣服を用意してもらう。
  • 体調を崩しやすい時期でもあるため、子どもたちの様子を家庭とこまめに伝え合い、健康状態を把握できるようにする。

健康や安全

  • インフルエンザが流行してくる時期なので、子どもたちや保育者の手洗い、うがいを徹底し、予防を行う。
  • 玩具の消毒も丁寧にこまめに行い、感染症対策を徹底する。

食育

  • 食べられるものが増え始めるため、いろいろな食材を親しめるように調理スタッフと協力して献立を工夫する。
  • スプーンを使う子もいるため、必要に応じてサポートしながら進める。
  • 最後まで楽しく食べられるように、声かけや雰囲気づくりを行う。

今月の歌・手遊び

  • ふうせん(歌)
  • ドロップスのうた(歌)
  • パンダうさぎコアラ(手遊び)

ダウンロード

月案フォーマットをダウンロードすると、この他のおすすめの歌や手遊びを無料で見ることができます。さらには「今月の体操」や「季節の絵本」情報も公開中! ぜひ会員登録をしてチェックしてみてくださいね。

月案フォーマット(Excel/エクセル)

月案フォーマットのイメージ

月案フォーマットはこちら

文例(Word/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら月案文例(PDF)はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。


▼その他の関連記事
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事