ログイン

【2021年版】すぐに使える月案文例【4月・4歳児クラス】※ダウンロードあり

4月月案4歳児クラスのイメージ
指導計画・指導案の作成は、日々の保育をきちんと進めていくためにとても大切です。しかしそれなりに手間がかかるもの。そこで、さまざまな例を見ながら、自分なりの計画が作れる参考文例・フォーマットをご紹介します。ポイントは子ども主体になっているか。今回は、4歳児クラス・4月の月案です。

今月のポイント

新年度が始まった4月は、子どもたちにとってもドキドキとワクワクが詰まった月です。新しい保育室の環境に慣れながら、自立した生活を送れるようにサポートしていきましょう。片付けや活動準備など、身の回りのことが自分でできるようになるだけでなく、年下の子どもたちの手伝いを積極的にやりたがる子もいます。異年齢交流の機会にはぜひお願いしてみましょう。新型コロナウイルス対策も引き続き行いながら、健康で安全な日々を送ってくださいね。

ねらい

  • 進級したことを意識して、積極的に自分で行動する。
  • 手洗いやうがいなど、健康管理を自分の意識で行う。
  • 自分のするべきことが分かり、他児と役割を分担して行動する。
  • 年下の子たちの手伝いをしながら異年齢交流をする。
  • 暖かい気候の中で、春の自然を使った遊びを楽しむ。
  • 保育者や他児と遠足行事を楽しむ。
  • 玩具や絵本を通してひらがなを習得する。
  • 絵の具を使って製作を楽しむ。

内容

  • 4歳児クラスになったことに誇りを持ち、身の回りのことを自分で行ったり、保育者の声かけがある前に考えて行動したりする。(健康)
  • 外遊び後、食事前など、手洗い・うがいをする場面が分かり、正しい方法で実践する。(健康)
  • 子ども同士で話し合い、役割を分担しながら給食の配膳を行ったり、玩具の片付けをしたりする。(人間関係)
  • 3歳児クラスの子どもたちのトイレ補助や片付けの手伝いなどを率先して行う。(人間関係)
  • タンポポやシロツメクサを使ったアクセサリー作りを楽しんだり、虫を探して観察したりする。(環境)
  • クラスで遠足の行き先やレクリエーションを話し合って決定し、ルールやマナーを守って遊びや保育者・他児との交流を楽しむ。(環境・人間関係)
  • 絵本を読んだり、ひらがな表やひらがなかるたを使って文字を覚え、自分で書いてみようとする。(言葉)
  • 絵の具を使って色を塗ったり、はじき絵をしたりして自由な表現を楽しむ。(表現)
※「内容」については、例文の最後に保育所保育指針にある五領域のどれに対応しているか表示をしています。
  • 健康(心身の健康に関する領域)
  • 人間関係(人とのかかわりに関する領域)
  • 環境(身近な環境とのかかわりに関する領域)
  • 言葉(言葉の獲得に関する領域)
  • 表現(感性と表現に関する領域)


 

環境構成

  • 子どもたちが新しい環境でも自主的に動けるよう、イラストやひらがなで活動が書かれたポスターやカードを掲示する。
  • 手洗いのうたを使って、正しい手洗い方法をクラス全員で学ぶ。
  • 子どもたちがやるべきことが分かり、どんな役割が必要なのか見通しを立てられるように、活動内容を最初に分かりやすく言葉や絵で表示する。
  • 密を避けるために、少人数に分けて異年齢児交流の時間を作る。
  • 自然が多く見られる公園や、季節の移り変わりが目に見える場所を探して散歩に出かける。
  • 遠足の行き先やレクリエーションを決めるため、ミーティングの時間を作る。
  • 子どもが自分で読みやすい長さの絵本、ひらがなかるたを用意する。またひらがな表を目につきやすい場所に掲示する。
  • 子どもたちが自由に選んで表現できるよう、さまざまな色の絵の具や違う太さの筆を用意しておく。

予測される子どもの姿

  • ポスターやイラストなどの掲示物を見て、自分で考えて行動する。
  • 手洗いのうたを歌いながら楽しんで手洗いをして、自然と習慣がつく。
  • 「わたしはこれをやるね」「〇〇ちゃんはこれをやってね」など、子どもたちの間で声を掛け合い役割分担をする。
  • 3歳児クラスの子どもたちに手本を見せたり、できないところで手を差し伸べたりしながら愛情を持って接する。
  • 見つけた植物を図鑑で調べて名前を覚えたり、持ち帰って製作物に使用したりと、自然に触れて遊ぶ姿が見られる。
  • 「〇〇公園に行きたい」「みんなで“色おに”がしたい」など、自分の考えを積極的に発表する。
  • ひらがなが上手く書ける子が増え、友だち同士で教え合う姿が見られる。
  • 筆の太さを変えて違った表現を楽しみ、個性のある絵を描く。

家庭や地域との連携

  • 新年度の挨拶と共に、引き続き感染症対策への協力をお願いする。
  • おたよりや連絡帳、口頭でコロナ禍での遠足行事の開催方法を伝える。

健康や安全

  • 手洗い・うがい・検温など、子どもも職員も健康管理を怠らずに感染症対策をする。
  • 遠足前に交通マナーや公共の場での振る舞いについて子どもたちと話す。

食育

  • キャベツやアスパラガスを使った旬の料理を楽しむ。
  • 箸の正しい使い方を身に着け、掴む動作が上達する。

今月の歌・手遊び

  • せんせいとおともだち【歌】
  • はるがきた【歌】
  • キャベツの中から【手遊び】
月案フォーマットをダウンロードすると、この他のおすすめの歌や手遊びを無料で見ることができます。さらには「今月の体操」や「季節の絵本」情報も公開中! ぜひ会員登録をしてチェックしてみてくださいね。

ダウンロード

月案フォーマット(Excel/エクセル)


月案フォーマット(Excel)はこちら

文例(Wordファイル/PDFファイル)


月案文例(Word)はこちら
月案文例(PDF)はこちら

まとめ

参考文例をお届けしましたが、あくまで指導計画は自分の言葉で作ることが大切です。一つひとつの事例を参考にしながら、少しずつ自分の考えを入れていくよう工夫しましょう。

【関連記事】
>>指導案・おたより一覧
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事