閉じる

MENU

ログイン

あぶくたった【外遊び】【イラスト解説】

あぶくたったの遊びをする子どものイラスト
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、役になりきって遊ぶのが楽しい「あぶくたった」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。

あぶくたった

わらべうたと鬼ごっこの要素を合わせた伝承遊びです。オニ役の子のまわりを他の子が囲んでわっかをつくって歌を歌う、「かごめ」のような場面と、オニの言う言葉に合わせて他の子が逃げだす「鬼ごっこ」の場面が分かれているのが特徴です。

難易度 

対象年齢:3歳/4歳/5歳

★★★☆☆

用意する物・道具

なし

遊びのねらい

  • ストーリー性のある遊びを通して、お話に共感しながらイメージや想像力を膨らませる。
  • ルールや歌詞を覚え、それらを守って周りの友だちと協力して遊ぶ。
  • わらべうたの歌詞から、日本の文化に興味を持ったり、疑問を持ったりする。

遊び方

①オニ役を1人決めます。大人数で行う場合は人数を増やしてもOKです。

②オニはその場にしゃがんで目をつむります。ほかの子はオニの周りを囲むように手をつなぎます。

③あぶくたったを歌いながら鬼以外の子がオニの周りを歩き回ります。
歌詞「♪あぶくたった~煮え立った~煮えたかどうだか食べてみよう」
子どもたちがあぶくたったを歌っているイラスト

④オニ以外の子が、オニを食べる真似をします。その後、首を横に振りながら手も左右に振って、ご飯が煮えていないことを表現します。
歌詞「♪むしゃむしゃむしゃ まだ煮えない」
こどもたちが食べる真似をしているイラスト

⑤ ③、④を繰り返し、2回目もしくは3回目に「もう煮えた!」と歌います。
歌詞「♪むしゃむしゃむしゃ もう煮えた」

⑥オニ以外の子がわらべうたの歌詞に合わせてジェスチャーをします。最後の「おやすみなさーい」で寝たふりをします。

歌詞「♪戸棚にしまって鍵をかけて がちゃがちゃがちゃ」
  「♪ごはんを食べて むしゃむしゃむしゃ」
  「♪おふろに入って ごしごしごし」
  「♪お布団しいて 寝ましょ おやすみなさーい」

⑦オニが起き上がり、オニ以外の子に向かって声をかけ合います。
何の音?の問いに対して、オニは「新聞屋さんの音」「物が落ちた音」「雨の音」「歩く音」「時計の音」などと自由に答えます。

例:
オニ「トントントン」
オニ以外「何の音?」
オニ「風の音」
オニ以外「あ~よかった!」
一人以外の子どもが寝る真似をしているイラスト

⑧「おばけの音!」と言われたらオニ以外の子が逃げ出し、鬼ごっこが始まります。
鬼役の子が他の子どもを追いかけるイラスト

⑨タッチされた子が次のオニになり、はじめから繰り返して遊びます。

ポイント・アレンジ例

あぶくたったは、はないちもんめと同じように地域によって歌詞が異なります。事前にペアの先生とやり方を確認しておくか、子どもたちにストーリーを考えてもらうとより役に入り込めると思います。鬼ごっこが始まる「おばけの音!」の部分も、「どろぼうの音!」「おにがきた音!」など、逃げなければいけない言葉をいくつか増やすと楽しいですよ。

「むしゃむしゃむしゃ」と食べる真似をする部分は、オニをくすぐったりしてふれあい遊びとしてもアレンジできます


【ほかおすすめの遊びはこちら!】
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事