ログイン
  1. ホーム
  2. ほいくisライブラリー
  3. にくのくに

にくのくに

にくのくに

書籍説明

【絵本専門士・うっちー先生のコラムより】
ついに出合いました!至高の作品。書店で見かけた時に俺は衝撃が走りました!

「旨そう!!!」

ただそれだけ。余計な言葉は添えません。

購入してすぐに子どもたちの前で読みました。30人くらいでしたが、この日はある女の子が「みんなと一緒に座りたくない」という気持ちの中、担当保育士と一緒に部屋の隅で座っていました。この絵本は見開きでドデカく肉料理が登場します。その度に「うわ~美味しそう」という声が子どもたちから漏れます。

俺の行くお店のステーキに引けをとらないほど肉料理が旨そうに描かれています。

最後まで読みおわった後、一緒に座れなかった女の子も同じように声を出していたと担当保育士が教えてくれました。そして、「遠くで見てたけどすごくリアルだった」と言うのです。俺も読み直してみることに。間近で読むと線の一本一本が見事に照りや油を描いています。それが遠くに離れると、より実物に見える! 遠目のきく絵本発見。「絵本は読んで完成」と再確認できた、とても良い体験でした。

【書籍概要】
ここは肉の国。 上から読んでも、肉の国。 下から読んでも、肉の国。 今日は、肉の国一番の王さまを決める、 大事な日。 ローストビーフ王に、カラアゲ王。 ハンバーグ王に、ローストチキン王。 ハム王、ソーセージ王、トンカツ王! 個性的な王様が続々登場します。 けれど、どの王さまも 自分と、自分の愛する肉料理が一番だと 言って譲らず、大騒ぎ! するとそこへ、スキヤキ王が現れて……。 わがままで個性的、だけどなんだか憎めない かわいい王さまたちの姿と 迫力満点、今にも湯気をたてて画面から 飛び出してきそうな美味しい料理を どうぞお楽しみください! 堂々、満を持して2月9日にくのひ、発刊です!

【著者紹介】
はらぺこめがね(原田しんやと関かおり)
2005年京都精華大学デザイン学科卒業後、 グラフィックデザイナーを経て 2008年にイラストレーターとして独立。 2011年夫婦イラストユニット、 はらぺこめがねを結成。 「食べものと人」をテーマに幅広く活動している。 二人とも、中でも一等好きなおにく料理は スキヤキ。 おにくの出てくる絵本作品に 『すきやき』『ハンバーガー』(ニジノ絵本屋)、 『へんなおでん』(グラフィック社)、 『やきそばばんばん』(あかね書房)、 『まどあけずかん たべもの』(小学館)、 『かんぱいよっぱらい』(岩崎書店)、 『みんなのおすし』(ポプラ社)などがある。

詳細情報

教育画劇

著者
はらぺこめがね
体裁
264mm×216mm/32ページ
価格
1,430円(税込)
発行
2020-02-09

関連タグ

フリーワードで探すFreeword

絵本アクセスランキングRanking