ログイン
  1. ホーム
  2. ほいくisライブラリー
  3. もこ もこもこ

もこ もこもこ

もこ もこもこ

書籍説明

【絵本専門士・うっちー先生のコラムより】
有名な話ですが、今では確固たる地位を築いている絵本『もこ もこもこ 』。

出版当初、絵本を手に取った多くの大人たちは、意味がわからなかったそうです。「なんだこの絵本」「つまらん」と当時の専門家の声も聞こえてきそうです。しかし、子どもに絵本を届ける現場(主に保育園幼稚園)では、子どもたちが大喜びという事態が続出! 「これはなんたることや!」となり…現在に至っています。

以前のコラムに載せましたが、出版されてから20年以上読まれているという条件を満たしている絵本なので、これは良い絵本という方もおられるでしょう。俺も読みます。しかし、このケースで最も大事なのは、その背景から現在までの道筋を決めたのは、分別のある大人ではなく、子どもたちだったという事実です。

【書籍概要】
「しーん、もこもこ、にょきにょき」とふくれあがったものは、みるまに大きくなってパチンとはじけた。詩人と異色の画家がおりなす不思議でおかしな世界の絵本。

【著者紹介】
谷川 俊太郎
1931年、東京生まれ。詩人。詩集『二十億光年の孤独』を刊行以来、詩やエッセー、翻訳、脚本など幅広く活動する(「BOOK著者紹介情報」より)

詳細情報

文研出版

著者
谷川 俊太郎
絵 
元永 定正
体裁
B4変型判 /29ページ
価格
1,430円(税込)
発行
1977-04-25

関連タグ

フリーワードで探すFreeword

絵本アクセスランキングRanking