閉じる

MENU

ログイン

子どもがパニックを起こしたら、どうしたらいい?【保育者の関わり講座】

パニックを起こしている子どものイラスト
言語聴覚士として長年児童発達支援に携わってきた原 哲也さんのコラムです。保育士であれば知っておきたい「気になる子」への関わり方について解説していきます。
>>連載の記事一覧はこちら

今回のケースは「パニック」

今月は、加配保育士のお困りごとアンケートから「子どもが一度パニックになると、そこからなかなか平常に戻れない」ケースを取り上げます。

パニックとは、混乱や不安などによって起こる「泣く、叫ぶ、暴れる」などの行動を言います。どこかへ行ってしまう、固まってしまうなどの形であることもあります。
               
パニックを起こしている子どものイラスト

パニックは、心身ともに子どもを消耗させます。また、パニックのときは脳が危機モードになるので、新しいことや人に興味関心が向きにくくなります。

パニックは、子どもの発達を妨げるのです。

また、パニックが重なると、周りから「うるさい子」「暴力をふるう子」と思われてしまい、他児や周囲との関係が損われる可能性もあります。

ですから、パニックを起こさせないようにする、起きてしまったパニックに適切に対応する、ことはとても大事なのです。

子どもがパニックを起こしたら?

まずパニックについては、
  1. なぜパニックになるか、原因を明らかにする
  2. 原因に応じて対策を考え、パニックを起こさせないようにする
  3. それでもパニックになった時はどう対応するか考えておくようにします。

今回は、「1 パニックの原因」について、具体例とともにみていくことにします。

パニックの原因とは?

パニックの原因には、主に5つがあります。
  1. 状況事象の影響
  2. 感覚過敏
  3. こだわり
  4. 予定の変更、予測がつかない状態
  5. 複数作業、過負担

パニックの原因1、状況事象の影響 

<千春ちゃんのケース>
千春ちゃんは、最近は「おもちゃを貸してあげる」ことができるようになってきました。しかし、ここ数日は、おもちゃを目がけて他の子が近づいてきただけで、大声で泣き出します。
そのことを保護者に伝えると、ここ数日、近くの道路の夜間工事の音が気になって、眠れていないとのことでした。
「状況事象」とは、「困った行動」に影響を及ぼす要因のことでした。 状況事象には、生理的要因(睡眠不足、空腹やのどの渇き、体調など)、物理的要因(天気や気温、部屋の環境など)、人的環境要因(親に叱られた、嫌いな人がいるなど)があり、パニックにも影響します。

パニックの直接の原因というより、パニックを引き起こしやすい状況を作るのです。

千春ちゃんのケースでは、千春ちゃんは、「睡眠が不十分である」ために、普段なら対応できるストレス(友だちにおもちゃを貸してあげる)に対応できず、パニックになってしまっていると考えられます。

千春ちゃんのケースでもわかるように、状況事象は、パニックと時間的に離れたことが要因になっていることもあるので、パニックが起きた「その時」の前後を観察しただけではわかりません。

上に挙げた項目を参考に、何か本人にとっていつもと違って不快なことはないかを探します。

普段と少し様子が違うなと思ったら、保護者に家での様子を聞いてみることも大事です。家庭での様子から、影響している状況事象がわかることは多いです。
保育園の廊下

パニックの原因2、感覚過敏

糊で工作をする子ども
<修平君のケース>
工作好きな修平君、今日は段ボールで飛行機を作っています。尾翼を糊で本体につけたら完成、というとき、糊がついたパテが左手についてしまいました。修平君は「ギャー」とわめきながら、せっかく作った飛行機をめちゃくちゃに壊してしまいました。
刺激に対して過敏なことを感覚過敏と言います。

例えば、友だちがブロックで遊ぶ音が耳に突き刺さるように感じる、光がとてもまぶしく感じる、顔に水がかかると「冷たい」という感覚が体全体に一瞬で広がる、などです。

他の人にとっては何でもない刺激を非常に不快に感じるわけです。

発達障害、特に自閉スペクトラム症の子どもに多くには感覚過敏が見られるとされており、感覚過敏がパニックの原因になることはよくあります。

修平君の場合も、パニックの直前の状況を考えると、「糊のついたパテ」の刺激がパニックの引き金になったと考えられます。

感覚過敏は本人以外には実感できないものなので、何の刺激が原因か、はみつけにくいかもしれません。

どういうときにパニックを起こすか、パニックの前後の様子を1~2週間くらい、注意深く観察することで、本人にとって不快な刺激を確認していきます。

保護者から、子どもがいつも嫌がる刺激、怖がることなどの情報を得ることも、不快な刺激を突き止める助けになります。

以下、どんな刺激に感覚過敏があると、どんな行動がみられるかをまとめておきます。
不快な刺激を探す参考にしてください。
視覚 暗いところ、お化け、鬼、特定の色の服、視線が合うことなどを異常に怖がる
聴覚 突然の音、大きな音を怖がる
町内放送(スピーカーから大きな音が流れる)、花火などを怖がる
触覚 泥、粘土、食べ物が手につくこと、特定の素材の服を嫌がる
味覚 特定の食材を嫌がる
嗅覚 トイレや服、デオドラントなど匂いに敏感に反応する
前庭覚
(揺れや回転を感じる感覚)
ブランコやシーソーなど不安定な場所を異常に怖がる
固有覚
(筋肉と骨の位置と傾きに関する感覚)
飛んでくるボールを怖がる、堅い食べ物を嫌がる
紅葉した紅葉

パニックの原因3、こだわり

<優樹菜ちゃんのケース>
優樹菜ちゃんは壁に掲げてある、額に入った歴代園長の写真が気に入ったのか、額を壁から外そうとします。先生は根気強く「ダメだよ」と伝え続けました。優樹菜ちゃんは地団駄を踏みながら、床に転がって「ぎゃー」と泣き出しました。
こだわり行動を止められると、子どもはパニックになります。

「こだわり」は、「変えない」、「終わらない」、「始めない」の3つに分類されます(2013「自閉症スペクトラムとこだわり行動への対処法」著者: 白石雅一)。

変えない 

物の位置、服や靴、食べ物、日課などを変えない、自分の考えを変えない。

優樹菜ちゃんのケースのように、自分が「こう」と思ったことに執着して考えを変えない、のもこだわりのひとつの形です。

子どももある程度大きくなると、最初に自分が「こう」と思っても事情を説明され、説得されればそれを受け入れ、譲歩できるようになりますが、発達障害のある子はそれができず、状況がどうあっても自分の考えを「変えない」ので、周囲とぶつかることが多くなります。

終わらない

遊びをやめない、ふざけるのをやめない、おしまいと言ってもおやつをせがみ続ける。

いやだと言うことをいつまでもするので、最後には友だちに嫌がられたり、大人に怒られることになります。

始めない

新しい人やことや場所を受けつけない。

「始めない」と新しい経験ができません。

大人は子どもの成長のために子どもに新しい経験をしてほしいので、どうしても子どもとぶつかることになります。

次のようにさまざまなこだわりがあります。
ひと 人の好き嫌い、「ごはんを食べさせるのはお母さん」などと人に特定の役割を持たせる
もの 特定のモノを持っていたがる、位置や向きに対するこだわり
場所 座る場所、いる部屋、ここで○○する
時間 何時に○○をやる、5分で○○する
事柄 特定の番組を繰り返し見る、
同じ質問を繰り返す質問癖
考え 特定の思考、自分のイメージしたことなど(ゲームでは自分はいつでも勝つなど)
その子のこだわりを知るにはパニックになったときの前後の様子をよく観察します。
  • どんなこだわりがあるか 
  • そのこだわりに周囲の人がどう関わったことで、パニックになったのか
  • こだわり行動はどれくらいの時間続くか(どれくらいの時間同じ番組を繰り返し見るか、質問を続けるかなど)
また、時間、場所、場面などどういう状態であればこだわりが見られないか?を観察することも大切です。
こだわりが見られない状況・環境(場所、関わる人、シチュエーション等)と、こだわりが出る状況・環境を比較することで、こだわりの「原因」になっていることをみつけることができるからです。

上記の表も参考にしてください。

保護者と話をして、小さい頃からの家庭でのこだわりや今、家庭でこだわっていることを聞くことも手がかりになります。

パニックの原因4、予定の変更・予測がつかない状況

外遊びをする子どもたちと保育士
<太一君のケース>
太一君の園では、いつもは朝、お庭で遊んでから、教室に戻り、朝の会をします。
 
けれど、今日は地域の人との交流があるので、お庭で遊んだ後、教室に入らずそのままお庭にいます。太一君は落ち着きません。先生が「今日はこのままお庭にいるよ」「近所の方がすぐ来るからね、ちょっと待っててね」と太一君にお話しますが、太一君は、先生の声が耳に入っているのかいないのか、やはり落ち着きません。
 
先生の手を振り払って、教室に行こうとします。「今日はお庭です」と言って、先生が太一君の手を握ろうとすると、太一君は「ギャー」と大声で泣き始めました。
私たちは次に何が起きるかを、ある程度は予測することができます。

予定の変更があっても、それならこういうことが起きるな、とだいたいわかるわけです。

しかし、発達障害のある子の中には、「次に何が起こるか」を予測できない子がいます。
次に何が起こるのかがわからないと不安です。その結果、パニックを起こすのです。

また、「思っていたのと違う」ことが起きると、発達障害のある子は非常に重大なダメージを受けます。

ですから「これからどうなるか」「何が起きるか」がきっちり、はっきり予測できることは、発達障害のある子にとって、とても大事なことなのです。

ものごとがあいまいで「これからどうなるか」「何が起きるか」はっきりしていないと発達障害のある子は不安になり、ときにパニックを起こします。

活動と活動の間の時間や次に何をするかが曖昧ではっきりしない場面でパニックを起こすことがあるのは、このためです。

太一君のケース

太一君のケースでは、太一君は、先生の説明で「近所の人が来るんだな」「園庭にいるんだな」ということは理解したかもしれませんが、「すぐ」ってどれくらいなのか、「ちょっと待つ」ってどれくらい待つのか、そのあと誰が来て何をするのかなどははっきりしていません。

太一君にとって「これからどうなる?」をきっちりはっきり予測できない状況であり、それが不安で、パニックになったのだろうと考えられます。

パニックの原因5、複数作業、過負担

ブロック遊びをする女の子
<美千留ちゃんのケース>
最近小さな保育園から転園してきた美千留ちゃんは、衣服の着脱もお片づけもちゃんとできますが、とても時間がかかります。見かねた周りの女の子たちはいろいろと世話をやきます。担任は元気な明るい先生で、女の子たちに「みんな優しいね、ありがとう」と言い、美千留ちゃんの方にやってきて「美千留ちゃんうれしいね」と大きな声で声をかけました。美千留ちゃんは身体をこわばらせ、固まってしまいました。

複数作業

発達障害のある子どもの中には、一度に複数の作業をすることがとても苦手な子どもがいます。

「塗り絵で、はみ出さないように注意しながら、色を塗る」とか、「他の子の位置を確認してぶつからないようにしながら、おもちゃを取りに行く」といった「AしながらBをする」ことが、とても苦手で、負担になるのです。

難しすぎる作業も負担になることがあります。
脳の機能的特徴の影響で、ストレス耐性(ストレスに耐える力)がとても弱いことがあり、ささいなストレスであっても、実感として大きなストレスと感じられるのです。
クーピーで絵を描く子どもの手

過負担

大きな声、早口、質問が多い、細かいことをいちいち注意するなど、過剰な関わりや働きかけをする保護者や先生、指示が多い、反対に指示を全くしない先生(子どもからすると自分の行動指針が立たず負担になる)も負担になることがあります。また、動きが激しい、よく泣くなど大きな刺激を与えるクラスメイトなども、過負担の例として考えられます。

求められる作業が本人の許容量を越えたり、周りの人の関わりや刺激が本人の許容量を越えるとき、子どもはパニックになります。


次回は、今回見てきた「パニックの原因」を踏まえて、「原因に応じて対策を考え、パニックを起こさせないようにする」についてお話します。
紅葉したイチョウ


▼ほかおすすめの記事はこちら
原 哲也(はら てつや)

この記事を書いた人

原 哲也(はら てつや)

言語聴覚士・社会福祉士 一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事。児童発達支援事業所「WAKUWAKUすたじお」代表。1966年生まれ、千葉県出身。大学卒業後にカナダの障害者グループホーム勤務、東京の障害者施設職員勤務を経て、29歳から小児障害児リハビリテーション専門職として、長野県の病院や市区町で発達相談や障害児の巡回相談業務に携わる。『発達障害児の家族を幸せにする』を志に、全国を駆け回り、乳幼児期から青年期までの発達障害児と家族の応援をおこなっている
<WAKUWAKUすたじおHP>
http://www.waku-project.com/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事