閉じる

MENU

どう考える?先生が近づくと逃げてしまう4歳の女の子【理論編③】

どう考える?先生が近づくと逃げてしまう4歳の女の子【理論編③】
言語聴覚士として長年児童発達支援に携わってきた原 哲也さんのコラムです。加配保育士さんへのアンケートで挙がった「気になる子」への関わり方について解説します。>>連載の記事一覧はこちら 
前回に引き続き、加配保育士さんから相談のあった「家ではお話をするのに、園ではひとこともお話をしない美知瑠ちゃんとの関係づくり」を考える「理論編」の3回目です。  
  
<前回の記事はこちら>  

保育士の「願い」を叶える関わり 

保育室で悩む保育士
前回は、子どもの「願い」を叶える関わり「ではない」関わりについて
① 子どもに言うことを聞かせよう、子どもを変えようとする関わり方 
②子どもに流される関わり方 

が、子どもの「困った行動」の原因であることがある、とお話しました。 
 
①と②の関わり方は一見真逆のようですが、共通点があります。 

それは、関わりの目的が、「保育士の」「願い」を叶えることになっている点です。 

①子どもに言うことを聞かせよう、子どもを変えよう、とする関わり方 
このとき、保育士の頭にあるのは「片づけさせたい」「黙らせたい」という保育士の「願い」だけで、子どもが今、何をしたいのかという視点はありません。 

②子どもに流される関わり方  
子どもからの拒否を恐れている関わり方であり、そこには傷つきたくない、自分を守りたいという「保育士の願い」が見えます。 

その結果、子どもは「社会と折り合える自分」になれません。 

保育士の「願い」ではなく子どもの「願い」を叶えてくださいと言うと・・・ 

 「困った行動」の相談を受けた保育現場でこのような関わりを見ると私は、具体的なアドバイスとともに、「『困った行動』を変えたいというのは『保育士の「願い」』です。それは棚上げして、まず子どもの「願い」を知ってそれを叶えてください。」と言います。 
 
願いを叶えてほしい幼児
すると先生方は困惑した様子で 
  • 「困った行動」はやめてもらわないと困る 
  • 子どもの言い分を聞いていたら、収拾がつかない 
  • 子どもが嫌でも教えなければならないことがある 
  • 私は子どもにこうなってほしいという理想を持って保育をしている 
などと言われます。  

保育の場は「子どものための場」 

保育の場は子どもたちの場
けれど、このテーマの冒頭でお話したように、保育の場は、保育士の「願い」を叶える場ではなく、徹頭徹尾、今と未来の「子どものための場」です。 
 
だから、子どもの「尊重」「安心」「信頼」の「願い」を叶えることが最優先です。 
 
また再々お話しているように、発達障害のある子が何かを学ぶことができるのは、信頼する相手との関係の中でだけです。そして、彼らが信頼するのは、自分の「願い」を理解し、「願い」が叶うように助けてくれる人だけなのです。 
 
その意味でもまずは子どもを「尊重」し「安心」を保証し、それによって子どもの「信頼」を得ること、それが最優先なのです。  

子どもの「願い」を叶える対応は? 

 では、先月の具体例でいうと、どうすることが、子どもの「尊重」「安心」「信頼」の「願い」を叶えることなのでしょう。  

おもちゃを片づけない  

 
片づけをする保育園児

<NG例>
「いつまでも、お部屋のおもちゃのお片づけできないお友だちは、明日遊ばせないよ!」 

<願いを叶える対応例> 
おもちゃ楽しかったね。 
この箱に片づけたら明日すぐ遊べるから、ここに入れよう。 
先生も一緒に片づけるよ。 
 
<ポイント> 
・「楽しかったね」と子どもの気持ちを「尊重」する 
・なぜ片づけるか、なぜその行動をしなくてはいけないかを子どもに伝える。:「安心」「信頼」 
・先生も一緒に片づける、というサポーティブな関わり:「安心」「信頼」 

先生のお話を聞かずしゃべっている 

  
これからおはなしを始める保育士

<NG例> 
「先生がお話しする時は、お口は??チャック!」 

<願いを叶える対応例> 
お話ししたいね。 
でも、その前に先生からみんなに聞いてほしいことがあります。 
よーく聞く時は先生を・・と目を指さす→「見る~」と子どもが言う。 
お話し聞く時は?と耳を指さす→「聞く~」お口は?→「閉じる~」 
みんなの話は先生のお話の後に聞くね。 
 
<ポイント> 
・今お話をしたいという子どもの気持ちの「尊重」 
・何をすればよいか=「口を閉じて先生を見て聞く」をわかりやすく伝える=「安心」「信頼」 
・自分のしたいことも尊重される(あとで話を聞いてくれる)ことを伝える=「尊重」「安心」「信頼」  

ほかの子のおもちゃを奪う 

 
お友達におもちゃを取り上げられる保育園児
ほかの子が遊んでいるおもちゃを奪ってしまったとき、保育士がおもちゃを取られた子にあやまり、おもちゃを奪った子は奪ったおもちゃで遊び続ける。 

<願いを叶える対応例> 
「貸して」を言おうとか、身振りで「お願い」ポーズだよを前もって伝える。 
子どもの行動をよく見ていて、他児のおもちゃに近づこうとしたら、奪う行為が発生する「前」に「「貸して」だね」といい、「奪わずに「貸して」が言える機会」をつくる。 

<ポイント> 
・やるべきことをわかりやすく伝える=「安心」「信頼」 
・友だちや先生に注意されないボクになれるようにサポートする=「尊重」  

八つ当たりでたたく 

八つ当たりで積み木を壊す保育園児
積み木が崩れた八つ当たりで、保育士の顔を叩いたり、髪の毛を引っ張っても「嫌だったの?かわいそう、かわいそう」とことばを返す。 
 
<願いを叶える対応例> 
嫌な気持ちは否定せず、その気持ちを他害以外でおさめられるようにサポートする。 
「嫌なことがあっても、叩く、髪の毛は「痛い」からダメ。でも床を足でドンドンとか、隣の部屋で泣くのはいいよ」と伝え、それができるようにサポートする。 
 
それが難しければ、まず、子どもが叩いたりできないように立ち上がる。そして「嫌だったね」と子どもの気持ちを表すことばを言ってやり、「嫌だった」をことばで表現できるようにする。 

<ポイント> 
・自分の嫌な気持ちを理解してくれる=「尊重」 
・「こうすればいい」とわかりやすく伝える=「安心」「信頼」 
・友だちや先生に注意されないボクになれるようにサポートする=「尊重」 
 
「保育士の「願い」を叶える関わり」との違いがわかっていただけるでしょうか。  

子どもの「願い」を中心に置く保育へ転換するには   

保育園の外観
 実際は、保育士の「願い」を中心とした保育がむしろ「普通」で、それを子どもの「願い」を中心におく保育に変えるのは、大転換です。 
 
その大転換をするにはどうしたらいいか。 

次のようなことをやってみてほしいと思います。  

子どもの「願い」を叶える関わりのための4STEP 

 まず、前提として 
STEP1 子どもの「困った行動」について、いきなり「子どもを」変えようとしない 
ことです。反射的にどうしたらやめさせられるか、と考えてしまいがちですが、そこをぐっとこらえて一旦、置きましょう。そして、 
 
STEP2 子どもの「願い」何か、それは叶えられているかという視点から、保育を見直す  
ことをしましょう。その行為自体が子どもを「尊重」することです。そして 
 
STEP3 自分の関わり方が子どもの「願い」を叶えるものになっているか、を振り返る 
ことをしてください。その結果、自分の関わり方が子どもの「願い」に反するならば、関わり方を変えましょう。たとえそれが保育士としての信念と異なったとしても、柔軟に関わり方を変えてほしいのです。 

以上のことを進めるのに役立つのが、 
 
STEP4 自分の子どもとの関わり方、それへの子どもの反応をほかの保育士に見てもらう 
ことです。評価されるのはしんどいですが、客観的な目で見てもらうことはとても役に立ちます。 
ほかの先生に普段の子どもとのかかわり方を見てもらう保育士
有り体に言えば、子どもの「願い」を叶える保育には、手間とエネルギーが必要です。 
 
ギリギリの人員で集団生活を行う保育現場では、つい「●●しなさい!」と保育士の「願い」を思いっきり発動してしまうことがあるのはよくわかります。 
 
けれど子どもの「願い」を叶えようとして、でもできなくて「ん~、ごめん 今は無理!」と思って対応するのと、子どもの「願い」には頓着せず「子どもはこうあるべきだ。私は間違っていない。」として対応するのは、違う、と私は思います。 
 
実際、「子どもの「願い」を優先させる」ことを受け入れて発想の転換をすると、子どもの「困った行動」は徐々に解決に向かいますが、そうでないとなかなか解決しないし、また別の「困った行動」が出てきたりもします。 
 
これは私の実感です。 
 
ですから、子どもに「困った行動」があるならば、ぜひ、「子どもの「願い」は叶っているか」という視点から、保育を見直してほしいと思います。  

次回のテーマ  

次回は、これまでのお話を踏まえて、ルミ先生と美知留ちゃんが良い関係を築く方法を具体的に考えてみましょう。 
(次回は2023年1月下旬公開予定です)

▼合わせて読みたい!おすすめ記事
原 哲也(はら てつや)

この記事を書いた人

原 哲也(はら てつや)

言語聴覚士・社会福祉士 一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事。児童発達支援事業所「WAKUWAKUすたじお」代表。1966年生まれ、千葉県出身。大学卒業後にカナダの障害者グループホーム勤務、東京の障害者施設職員勤務を経て、29歳から小児障害児リハビリテーション専門職として、長野県の病院や市区町で発達相談や障害児の巡回相談業務に携わる。『発達障害児の家族を幸せにする』を志に、全国を駆け回り、乳幼児期から青年期までの発達障害児と家族の応援をおこなっている
<WAKUWAKUすたじおHP>
http://www.waku-project.com/

関連タグ
専門家が教える、発達障害の子と保育者の関わり講座関連記事

続きを読む