5月に保育園で使いたい!保育士のための消しゴムはんこ講座

こいのぼりのスタンプ
おたよりや子どもとのコミュニケーションなど、持っていると何かと役立つ「消しゴムはんこ」。自分でもやってみたいという保育士や幼稚園教諭の皆さん向けに、消しゴムはんこクリエイターのyuriさんによる講座をお届けします。今回は、端午の節句に合わせた5月らしい作例です。

こんにちは。暖かい日が増え、窓を開けると風も気持ちよく感じられるようになってきました。

さて今回は、5月の節句をテーマに図案を考えてみましたので、一緒にはんこを彫って気分転換していきましょう!

図案はこの3種類です。
トレーシングペーパーに描いた下絵
消しゴムに転写したら、輪郭を彫っていきましょう。ここは毎回同じ手順ですが、もう慣れましたか?
消しゴムに転写された下絵
>>基本をマスターしよう!保育士のための消しゴムはんこ講座

はんこ教室で、「どこを残してどこを彫るかわからない!」という質問をよく受けます。色をつけたいところを残せばいいんですが、彫っているうちに分からなくなってしまうという方も多いようです。

そんな場合は、残したいところに、自分にわかる程度で良いので、予め斜線を入れておきましょう。下の写真を参考にしてくださいね。直接消しゴムに書き入れても良いですし、下書き段階のトレーシングペーパーに書いておけば、くっきり見えると思いますよ。
消しゴムはんこの外枠を彫る
まずは兜から。これは、折り紙や新聞紙で作るような兜をイメージしています。そのため、紙であれば裏返すところを彫っておきます。
兜のはんこを彫るところ
折り目になる部分は、かすかにわかる程度で良いので、三角刀で筋を入れましょう。
兜のはんこを彫ったところ
次に、こいのぼりの上でくるくる回っている飾り。これは中を星型にしてみました。
星の形のはんこを彫る
星のそれぞれの辺にナイフを少し斜めに、深めにさしていけば、ぽろっと星が抜けます。うまく抜けない場合は、半分ずつでも良いので星型に抜けさえすればOKです。

最後に主役のこいのぼり! 目はくり抜き、風が通る部分も抜いておきます。
こいのぼりのはんこを彫る
こいのぼりのはんこを彫る
エラやウロコのようにみせたい部分は三角刀で筋を入れていきます。
こいのぼりのはんこを彫る
これで完成!
こいのぼりのスタンプ完成
こんな感じで押してみたので、よかったら参考にしてください。竿と目玉はペンで書きました。そうすれば丸い目玉にしたり、にこにこさせたりして自由に楽しむことができます。
完成した5月のはんこ
裏がシールになった紙に押せば、貼って楽しむこともできますよ。
完成した5月のはんこ
3月から4月にかけて、保育士さんからお帳面用のはんこをたくさんオーダーいただきました。毎月使う「身体計測しました」というものだけでなく、普段の業務を少しでも軽減させられるようなリクエストだなぁと感じました。それではまた!
保育士向けのはんこ
消しゴムはんこyuri

この記事を書いた人

消しゴムはんこyuri

広島で中学校の講師をする傍ら消しゴムはんこ作家として活動。欲しいはんこが市販になく「それなら作ってしまおう!」と、はんこ作りを始めたのがきっかけ。家庭で使うものから、学校や保育園、お店で使う実用的なものまで、幅広いオーダーが集まる人気クリエイター。
<facebook>
https://www.facebook.com/keshigomuhankoyuri/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事