閉じる

MENU

ログイン

“いつも怒った顔”のジョナスが心を開いたきっかけ【カノア保育園の子どもたち】

ブラジル・カノア保育園の設立ストーリーと並行してお届けするシリーズ「カノア保育園初めての子どもたち」。今回は、ジョナスという子のお話です。立ち上げたばかりの保育園に通い始めたものの、いつも “怒った顔”。そんな彼が心を開くようになるまでのエピソードです。
>>連載一覧はこちら

複雑な家庭背景を持つ男の子

カノア保育園ができ、初めて通ってきた子どもの中にジョナスという男の子がいました。浅黒く、体も大きい。いつも怒っているような顔立ちをしている男の子でした。

彼には父親がいません。母親と2人の姉と一緒に暮らしていました。姉二人とジョナスは、三人とも父親が異なり、ジョナスの父親は誰なのか、母親さえも分からない状況でした。

ジョナスには、同じ年齢のいとこがいました。彼の名前はアイルトン。カノア保育園のあるエステーヴァン村では、母親の家族とのつながりが強く、幼い時は特に、母親の家族と一緒に過ごす時間が長いのです。そのため、彼らは双子のように、いつも一緒にいました。

私と一緒に保育園を立ち上げた「エヴァさん」の家に、近所のお母さんたちが集まっているとき、窓から顔を出している人がいました。それが、ジョナスとアイルトンの母親です。

彼女たちは積極的に家の中で話をすることはありませんでしたが、毎日必ずその窓から顔を出し、話を聞いていたのです。

アイルトンの母親と父親はいとこ同士です。エヴァさんの家にいつもおやつを持って訪れていたイレーニさん(第1回目でご紹介したアンジェリーナの母親)のお兄さんがアイルトンの父親ということもあり、アイルトンの母親は姉である、ジョナスの母親を連れて毎日、エヴァさんの家を訪れていたのです。

【アンジェリーナの記事はこちら】 カノア保育園をつくろうという話をした時、「いつでも声をかけてね」といってくれたのは、アイルトンの母親でした。そして、その姉であるジョナスの母親は怒鳴ったような声を出しながらも、一緒に頷いてくれていました。


笑顔のきっかけは?

保育園が始まり、子どもたちが通ってくるようになると、ジョナスも姉に連れられて保育園にやってきました。

興味津々に保育園を眺めるお姉さんたちに比べて、ジョナスは部屋には入りたくないと、頑固にもドアの前を動きませんでした。ようやく部屋の中に入ってきたときも、一日中怒ったような顔をしています。

いったいジョナスはどんなことが好きで、どんなことに興味を持っているのか…? 

何度も家庭訪問を繰り返し、家族や親せきに話を聞く日々が続きました。ある日、子どもたちと一緒に砂丘を超えて、森を探検することになりました。毎日この森を訪れている子どもたちは、私たちよりも森のことを把握していて、どんどん先に進んでいってしまいます。

子どもたちについていくのがやっとの私のそばを離れず、一緒に歩いてくれている子どもがいました。ジョナスです。

「先生が、ヘビにかまれたら大変だから」

と、照れたような顔を見せるジョナス。この日を境に、ジョナスは笑顔を見せてくれるようになったのです。
カノア保育園の子どもジョナス

▼その他おすすめのカノア保育園コラムはこちら
鈴木真由美(すずき まゆみ)

この記事を書いた人

鈴木真由美(すずき まゆみ)

保育士。ブラジル・カノア保育園 園長。2000年にブラジル北東部にある漁村カノアに渡り保育園の運営を始める。2006年にカノアでの支援を目的にした「光の子どもたちの会」を設立(2015年にNPO法人となる)。現地の地域力向上を目指して活動中。2児の母。

<光の子どもたちの会HP>
http://criancasdeluz.org/quem_somos_nos/quem_somos_jp.html

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事