展示会

映画「あの日のオルガン」上映会【山口市】

開催日 2019/11/10(日)
時間 要問合せ
会場 山口県教育会館
住所 山口県山口市大手町2-18
申込方法 ※要問合せ

九州共同映画
092-741-7112
参照 https://theaters.jp/750 

イベント概要

東京も安全ではなくなっていた1944年。国の決定を待たずして、日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちがいた。誰もが自分のことで精一杯だった時代、彼女たちを突き動かしたものとは一体なんだったのか?
太平洋戦争末期、20代を中心とした若手保母たちが、子どものいのちを守るため、53人の園児を連れ、まだ誰もやったことのなかった集団疎開を敢行したいわゆる「疎開保育園」の事実はあまり知られていない。これは、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語。大切ないのちを未来へつなぐことを願い、毎日を必死で戦った保母たち。強い信念で時代を切り拓いていった彼女たちの生き様は、時を越えて今を生きる我々を魅了し、大きな勇気と希望を与えてくれる。

主役の保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役には、目覚ましい活躍を続ける実力派女優・戸田恵梨香。そしてもう一人の主役、保母の野々宮光枝役には、女優・歌手としてフィールドを広げる大原櫻子。また、戸田、大原に加え、1000人を超えるオーディションを経て保母役に選ばれたのは、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵といった、今後の映画界を牽引する期待の新鋭女優たち。また、疎開先の世話役・近藤作太郎役には橋爪功。作太郎の妻・近藤梅子役には松金よね子。作太郎の次男・近藤信次役には萩原利久。戸田演じる板倉楓が勤める戸越保育所の所長・脇本滋役には田中直樹。戸越保育所と合同で集団疎開を実現する愛育隣保館の主任保母・柳井房代役には夏川結衣。楓らに自身の子供を預ける父母には、林家正蔵、陽月華、山中崇、田畑智子らが出演。山田洋次監督作品にも出演する、橋爪功や松金よね子、夏川結衣、林家正蔵らの実力派キャストが脇を固めます。キャリアある実力派から期待の若手俳優、そして子供たちまで、老若男女世代を超えた最高のキャストが集結し、感動の物語を紡ぎだします。

メガホンをとるのは 『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。さらに、2018年第41回 日本アカデミー賞では、平松恵美子が山田洋次と共同脚本の『家族はつらいよ2』にて優秀脚本賞を受賞。また同作で優秀撮影賞の近森眞史、優秀美術賞の小林久之、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で優秀音楽賞の村松崇継、『関ヶ原』で最優秀照明賞を受賞した宮西孝明をはじめとする、日本映画界を代表する豪華スタッフが本作を支えます。主題歌は、日本全国、アジア地域へも演奏活動を広げるシンガー&ドクターのアン・サリー。本作では、95年の阪神・淡路大震災を題材につくられた「満月の夕」をカバーし、その唯一無二の歌声で本作を包み込みます。