閉じる

MENU

ヒヤリハット読み:ひやりはっと

「ヒヤリハット」とは、危険な状況に直面し「ヒヤリ」としたことや「ハッ」とした体験のこと。事故には至らないまでも、一歩間違えば大きなケガなどにつながった事例を指します。ハインリッヒの法則(労働災害の調査から導き出された発生比率の法則)によると、1件の重大事故の背景には29件の軽微な事故があり、300件のヒヤリハット事例があると言われています。【監修:ほいくis編集部】

さくいん