閉じる

MENU

ログイン

RSウイルス感染症読み:あーるえすういるすかんせんしょう

「RSウイルス感染症」とは、RSウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症のこと。0歳~1歳児に発症が多いと言われており、2歳までにほぼ100%の子どもがRSウイルスに感染すると言われています。接触感染や飛沫感染をするため、保育園でも流行りやすい感染症の一つです。予防のためには、保育室やおもちゃのアルコール消毒や、うがい手洗いを徹底するなどの対策が必要です。【監修:ほいくis編集部】

さくいん