閉じる

MENU

ログイン

とびひ読み:とびひ

「とびひ」とは、細菌による皮膚感染症の一つ。正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。体にできたあせもや虫刺され、ひっかき傷、すり傷、湿疹などでできた傷に、ブドウ球菌や溶連菌などが入り込むのが原因。皮膚の抵抗力が弱い0歳~6歳の子どもがかかりやすく、高温多湿になる夏にかけて多く見られます。【監修:ほいくis編集部】

さくいん