閉じる

MENU

ログイン

HSC(ひといちばい敏感な子)読み:えいちえすしー

「HSC」とは、「Highly Sensitive Child」の頭文字を取って作られた略語で、「ひといちばい敏感な子」などと訳されます。発達障害とは異なり、たくさんの情報を感じ取って深く考えるという生まれつきの気質を持っている子のこと。子どもの15~20%、30人クラスのうち5、6人に1人いると言われています。大人に対しては、「Highly Sensitive Person」の頭文字から「HSP(ひといちばい敏感な人)」が使われます。【監修:ほいくis編集部】

さくいん