閉じる

MENU

ログイン

デカルコマニー読み:でかるこまにー

「デカルコマニー」とは、フランス語で「転写」を意味する絵画技法のひとつ。「あわせ絵」と呼ばれることもあります。画用紙などの紙に絵の具を適当に置き、半分に折ってから開くと、不思議な模様が左右対称に現れます。スペインのシュールレアリスム画家であるオスカル・ドミンゲス(1906-1957年)が確立しました。【監修:ほいくis編集部】

さくいん