閉じる

MENU

いかのおすし読み:いかのおすし

「いかのおすし」とは、子どもたちを不審者から守るために作られた防犯標語のこと。子どもたちに覚えてほしい、いざという時の5つの対応である「いか(知らない人について行かない)」「の(知らない人の車に乗らない)」「お(大声を出す)」「す(すぐ逃げる)」「し(何かあったらすぐ知らせる)」の頭文字を繋げて覚えやすくしたものです。東京都教育庁と警視庁少年育成課で考案され、現在では園での防犯訓練や園児への安全指導でもよく使われています。【監修:ほいくis編集部】

さくいん