閉じる

MENU

ログイン

避難確保計画読み:ひなんかくほけいかく

「避難確保計画」とは、浸水想定区域や土砂災害警戒区域内にある要配慮者利用施設に作成が義務付けられた計画のこと。水害や土砂災害が発生する恐れのある場合において、利用者の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項を定めたものです。要配慮者利用施設には、保育園などの児童福祉施設も含まれます。近年の度重なる水害への対応を強化するため2017年(平成29年)に施行された、「水防法等の一部を改正する法律(平成29年法律第31号)」により計画の作成が義務付けられましたが、児童福祉施設への浸透がなかなか進んでいないという状況もあります。【監修:ほいくis編集部】

さくいん