閉じる

MENU

ログイン

往還型研修読み:おうかんがたけんしゅう

「往還型研修」とは、園外研修とそれに基づいた保育現場での実践、さらにそこからのフィードバックを次の園外研修に生かすなどのプロセスを繰り返す形式の研修のこと。外部での研修と、保育現場での実践を行き来することから往還型と呼ばれます。研修で学んだことを現場で生かす「研修転移」を、特に保育の現場で効果的に促すことができる方法として近年注目されています。【監修:ほいくis編集部】

さくいん