閉じる

MENU

ログイン

『おおかみと7ひきのこやぎ』生活発表会の劇中歌ピアノ講座【楽譜あり】

生活発表会の出し物でオペレッタを演じるクラスも多いと思いますが、準備が大変ですよね。ここでは、藤本ちかさんによるオリジナルのオペレッタ講座を動画でお届けします。演目は「おおかみと7匹のこやぎ」。ピアノ楽譜を用意していますので、取り組んでみましょう。

対象年齢

3歳/4歳/5歳

「おおかみと7匹のこやぎ」とは

昔からよく知られているグリム童話の一つ。日本では、絵本としてもよく知られていて、園でも馴染のあるお話の一つです。

「誰が来ても決して家のドアを開けてはいけないよ」。7匹の子ヤギたちと暮らしているお母さんヤギは、そう言って森に食べものを探しに出かけます。そこにやってきたオオカミ。最初はしっかりと見ぬいて、追い払った子ヤギたちですが、悪知恵を働かせたオオカミに騙されてとうとう家に入られてしまいます…。

前半がずる賢いおおかみとの知恵比べ、後半が、お母さんヤギが子どもたちを助けてオオカミをこらしめるという構成になっています。前半と後半で展開ががらっと変わるところも見どころの一つで、生活発表会・音楽発表会や劇あそび、オペレッタの題材としても定番の作品です。

絵本「おおかみと七ひきのこやぎ」

絵:フェリクス・ホフマン
訳:せた ていじ
出版社:福音館書店 社
おうさまのみみはろばのみみ
>>本の詳細はこちら

生活発表会ではどうする?

生活発表会は出し物をすることだけが目的ではなく、作り上げる過程を通して子どもたちの成長を促すことも大切な要素です。「おおかみと7匹のこやぎ」のお話には、オオカミと子ヤギたちの知恵比べといった要素もあります。

作り上げていく段階では、ぜひ子どもたちと一緒にそういったテーマについても話し合いながら進めて行くことをおすすめします。子どもたちなりの意見が反映された、そのクラスだけのオペレッタを目指して取り組んでみてくださいね。
楽譜のダウンロードはこちら

オペレッタの構成

『おおかみと7ひきのこやぎ』のピアノ講座を実演する藤本ちかさん
動画ではオープニングとエンディングが各1曲ずつ、主要な場面で使う劇中歌が3曲、またそれ以外に劇中で使う効果音をいくつかご紹介しています。物語の骨組みとなる基本的な曲は一通り用意していますので、ここにクラス毎のアレンジなどを加えていけば、オリジナルのオペレッタを作り上げることができます。

<紹介する曲>
  1. オープニング「なかよし7ひき」
  2. 劇中歌「かくれんぼ」
  3. 劇中歌「おおかみのうた」
  4. 劇中歌「こやぎのいえ」
  5. エンディング「なかなおり」
これらの楽譜は、ほいくisの会員登録(無料)をするとダウンロードができますので、この機会にご登録ををお願いします。
楽譜のダウンロードはこちら
中には、ピアノが苦手という先生もいらっしゃると思います。動画内の実演コーナーでは、同時に手元の映像もありますので、運指の参考にしてみてください。

子どもたちと達成感を味わおう

『おおかみと7ひきのこやぎ』劇中歌ピアノ講座のワンポイントアドバイスをする藤本ちかさん
生活発表会の準備は大変ですが、それだけやり終えた後の充実感や達成感があります。子どもたちと一緒に、その感覚を味わってみましょう。それでは皆さん頑張ってくださいね。

▼ほかおすすめの記事はこちら
藤本ちか(ふじもとちか)

この記事を書いた人

藤本ちか(ふじもとちか)

保育士やリトミック講師、ピアノ講師といった経験を活かしながら、「スグ簡単に遊べる音楽」作品を発表しているミュージシャン&ピアノ講師。「0~5歳、兄弟や異年齢でも遊べる」「ピアノ初心者の先生も、弾きやすい」「家庭で親子が、サクッと遊べる」など、保育に役立つ実用的なオリジナル作品をYouTubeで配信。音楽イベントやセミナー講師などさまざまな分野で活躍中。

<YouTubeチャンネル>
https://www.youtube.com/user/k2506091/featured

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事