閉じる

MENU

節分に!オニの豆入れバッグ【手作りおもちゃ】【製作】

2月と言えば節分の日。豆を投げることで、悪い運気(=オニ)を追い払い、福を招き入れる年中行事です。今回は、豆まきに使えるかわいい豆入れバッグを製作しました。先生がオニ役になってレクリエーションをしても楽しいですね。オニの表情を変えたり、子どもたちが自由に描いてみるのもおすすめです。

対象年齢

3歳/4歳/5歳

用意する材料・道具

  • 色画用紙(赤、黒、黄など)
  • 丸シール(白)
  • リボン
  • セロハンテープ
  • 両面テープ
  • のり
  • 油性ペン
  • カッター
  • ハサミ
  • 鉛筆

作り方

  1. オニの下絵を描いた色画用紙を切り出す
    ①オニの下絵を描いた色画用紙を切り出す
  2. 髪の毛・顔のパーツも同じように切り出す
    ②髪の毛・顔のパーツも同じように切り出す
  3. 油性ペンで角のしましま部分を描く
    ③油性ペンで角のしましま部分を描く
  4. 油性ペンで丸シールに黒目部分を描く
    ④油性ペンで丸シールに黒目部分を描く
  5. のりで顔のパーツを貼り付け
    ⑤のりで顔のパーツを貼り付け
  6. 目玉のシールを貼り付けて
    ⑥目玉のシールを貼り付けて
  7. オニの顔が完成♪
    ⑦オニの顔が完成♪
  8. カッターでバッグのマチ部分を切り出す
    ⑧カッターでバッグのマチ部分を切り出す
  9. ハサミで幅1㎝を目安に切れ込みを入れる
    ⑨ハサミで幅1㎝を目安に切れ込みを入れる
  10. 反対側も同じように切れ込みを入れる
    ⑩反対側も同じように切れ込みを入れる
  11. 切れ込み部分を内側に折り曲げる
    ⑪切れ込み部分を内側に折り曲げる
  12. 切れ込み部分を顔に沿わせるように、セロハンテープで貼り付け
    ⑫切れ込み部分を顔に沿わせるように、セロハンテープで貼り付け
  13. 細く切った両面テープを切れ込み部分に貼り付け
    ⑬細く切った両面テープを切れ込み部分に貼り付け
  14. 顔の後ろ部分と貼り合わせる
    ⑭顔の後ろ部分と貼り合わせる
  15. ハサミでリボンを持ちやすい長さに切る
    ⑮ハサミでリボンを持ちやすい長さに切る
  16. セロハンテープで顔の後ろ部分に貼り付け
    ⑯セロハンテープで顔の後ろ部分に貼り付け
  17. 前部分も同じように貼り付けて
    ⑰前部分も同じように貼り付けて
完成です♪
完成した豆入れバッグを持つ手
★YouTube公式チャンネル

ワンポイントアドバイス

バッグのマチ部分を丸く貼り付けるのが難しい場合は、切り込みを減らして四角型にしてしまってもOKです。仕上がりの見た目は変わらないので、作りやすいようにアレンジしてみてください。

豆まきに使う豆は、乳児の誤嚥にもつながるため、新聞紙をくしゃくしゃに丸めたボールなどで代用するようにしましょう。

【クリエイター】金丸 遥
【ディレクション・監修】星野慧/KUMA’S FACTORY

注意)
再生にはパケット通信料が発生します
再生時には音声が流れます

▼こちらもチェック!おすすめの節分製作
金丸 遥(かなまる はるか)

この記事を書いた人

金丸 遥(かなまる はるか)

2020年東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。
主にガラスや樹脂などを使った作品をギャラリーや百貨店をはじめとした国内外で展示、企業や公共施設での作品設置をしている。
時々「SUMMER SONIC」などの大型イベントにてライブアート制作を行う。

<ホームページ>
http://www.kanamaru.cc/haruka

関連タグ
製作アイデア関連記事

続きを読む