閉じる

MENU

ログイン

実技・言語『3びきのこぶた』実演とポイント【2022年・保育士試験】【台詞付き】

2022年度(令和4年度)保育士試験の実技試験の課題となっている『3びきのこぶた』を実演でお届けします。言語に関する技術、つまり素話については見本を見ながら練習するのが上達の近道。実際に試験を受けた経験を基に攻略ポイントをお伝えします。

試験形式は?

実技試験の内容について、全国保育士養成協議会のホームページで見ると、指定のお話の中からひとつを選び、自分であらすじを3分程度にまとめて何もない状態で話す試験とあります。「3歳児クラスの子どもに話す」「子どもは15人程度がいることを想定する」「お話の内容をイメージできるよう、適切な身振り・手振りを加える」などの細かい指定もあるので、必ず確認しましょう。

>>全国保育士養成協議会HP「受験申請の手引き」



私も素話を経験しましたが、これは想像以上に緊張します。動画とこちらの記事のポイントを確認してみてくださいね。

3びきのこぶた

イギリスに古くから伝わる昔話ですが、手遊び歌や絵本でもお馴染みですよね。わらのお家、木のお家、レンガのお家…と、ストーリーが進むにつれて子どもたちの期待感が高まる題材です。動画の中でも、ポイントを解説していますので、ぜひ取り組んでみてくださいね。

実演の台詞

『3びきのこぶた』

むかし、むかし、あるところに、3匹のこぶたが仲良く暮らしていました。
こぶたたちは、みんな大きくなったので、自分でお家を建てることにしました。

1番目のこぶたは、わらでお家を建てることにしました。
ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ。
よーし、できた。わらのお家の完成だ。

そこに、悪いオオカミがやってきて、
「こんな家、吹き飛ばしてやる」。
ふーっとすると、わらのお家はあっという間にぺったんこになってしまいました。

2番目のこぶたは、木でお家を建てることにしました。
トントントン。
よーし、できた。木のお家の完成だ。

そこに、またまた悪いオオカミがやってきて、
「こんな家、吹き飛ばしてやる」。
ふーっとしましたが、木のお家は壊れません。

「よーし、それなら、体当たりだ」。
エイッとすると、木のお家もあっという間にぺったんこになってしまいました。

3番目のこぶたは、レンガでお家を建てることにしました。
よいしょ、よいしょ。
ふーっ、できた。レンガのお家の完成だ。

そこに、またまた悪いオオカミがやってきて、
「こんな家、体当たりで壊してやる」。
エイッとしましたが、「いててててっ!」。
レンガは堅いので壊れません。

「よーし、それなら、煙突から入ってやる」。
オオカミは煙突を登り始めました。
「うーん、どうしよう?」
「あっ、そうだ、煙突の下に大きなお鍋を置いて、熱いお湯を沸かそう」
こぶたは急いでお湯を沸かし始めました。
そこにオオカミが入ってきて、
ぼっちゃーん!「アチチチチチチ!」
オオカミはお鍋の中に落ちて、やけどをしてしまいました。
「熱い、熱いよー」と言いながら、森に帰って行ったオオカミ。

3匹のこぶたたちはそれから、レンガのお家で仲良く暮らしましたとさ。
おしまい。


★YouTube公式チャンネル

【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。

<資格>
保育士/児童指導員/社会福祉主事

<Instagram>
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事