廃材で手軽に!牛乳パックの靴下入れ【手作り収納】

牛乳パックを始めとする飲料パックは、廃材として集めやすい素材というだけでなく、防水加工もされていて丈夫。そのため、製作だけでなく収納グッズとしても実は重宝します。今回は、簡単に作れる子どもたちの靴下入れをご紹介します。

準備するもの

  • 牛乳パック(飲料パックでもOK)
  • ビニールテープ
  • 画用紙(外側用/柄をプリントした紙・包み紙でもOK)
  • ガムテープ(名前用)
  • ハサミ(カッター)

作り方

①牛乳パックの底から約10cmでカット
②縦の長さに対して半分くらいが目安
③高さを合わせて6個作ります
④縁同士を合わせて
⑤ビニールテープで繋げていく
⑥外側の縁もビニールテープで補強
⑦柄のついた紙を外側に貼って装飾
⑧内側にガムテープを貼って名前を記入
完成です

製作ポイント

縁の部分だけでなく、他のつなぎ目部分もビニールテープでしっかり補強してください。外側の装飾は、包装紙などを利用すると手軽でいいですね。

名前を書く内側の部分は透明のガムテープがあるときれいに仕上がります。


注意)
再生にはパケット通信料が発生します
再生時には音声が流れます

>>廃材と100均アイテムで保育園の収納グッズ製作!プロが教える格安収納法
>>100均グッズと廃材だけ!簡単・格安おもちゃ収納用品3選
ほいくis/ほいくいず工作部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず工作部

ほいくis/ほいくいず編集部の中に設けられた、製作と遊びのアイデア提案に特化した部門。というよりサークル活動に近いかも…。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事