ログイン

てぶくろ【素話】【保育士実演】

保育士や幼稚園教諭の皆さんが、自分の保育の引き出しとして持っておきたい素話(お話)。絵本や小道具を使わず、抑揚をつけた話し方や身振り手振りだけで子どもたちを楽しませるコツを掴みましょう。今回は、定番のお話の「てぶくろ」。実演動画でチェックしてみてください。

てぶくろ

ウクライナの民話で、日本では絵本にもなっていることから、よく知られている定番のお話です。ある雪が降る日、森の中でおじいさんが手袋を片方落としてしまいます。そこにやってきた一匹のネズミは、落ちていた手袋の中で暮らすことにしました。その後も、カエルやウサギ、キツネなどが次々と「ぼくもいれてよ」「わたしもいれて」と仲間入りします。ぎゅうぎゅうに膨らんだ手袋は…。

同じパターンの繰り返しで覚えやすいので、初めて素話に挑戦する方も取り組みやすいかもしれませんね。子どもたちにとっても、たくさんの動物が登場するお話なので、楽しめると思いますよ。是非覚えてみてくださいね。


>>手遊び・遊び歌をYouTube動画でまとめてチェック

注意)
再生にはパケット通信料が発生します
再生時には音声が流れます





【ほかおすすめの記事はこちら】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事