閉じる

MENU

ログイン

保育士や幼稚園教諭の通勤時間で多いのは「15分未満」<保育者アンケート調査結果>

あなたの意見はどれですか?保育にまつわるリアルタイム調査実施中!

Q. 保育士や幼稚園教諭の通勤時間で多いのは「15分未満」<保育者アンケート調査結果>

実施期間:2020/10/04 ~ 2020/10/20

Check!

【今回の質問内容】
保育園や幼稚園で働く皆さんは、通勤にどれくらい時間をかけているのでしょうか? 往復を考えると、けっこう貴重な時間だったりしますよね。果たして実態は⁉

【調査結果について】
結果は、「15分未満」が35.2%で1位、続いて「30分~1時間未満」が31.5%、「15分~30分未満」が29.6%、「1時間以上」が3.7%となりました。

全国から抽出された世帯を対象に行われた「住宅・土地統計調査(平成30年/総務省統計局)」によると、通勤時間の中位数(中央値=結果を順番に並べたちょうど真ん中の数値)は、全国で28.1分。最も多い神奈川県が48.8分、一方で最も少ない宮崎県が18.3分でした。

この調査によると、全国で「15分未満」の割合は21.8%、「15分~30分未満」が29.4%、「30分~1時間未満」が30.1%、「1時間以上」が15.0%でした。今回の保育関係者アンケートの結果と比べると、「15分未満」の割合の高さ(+13.4ポイント)と、「1時間以上」の割合の低さ(-11.3ポイント)が目立ちました。

他の職種に比べて、「自宅から近い職場を選ぶ」傾向があるようです。

>>【関連記事】家賃はいくらまで?保育士の借り上げ社宅制度とは
>>【関連記事】現役保育士に聞く!一人暮らしのリアルな生活費は

【調査概要】
調査方法:インターネットによる選択式アンケート
調査期間:2020/10/04 ~ 2020/10/20
調査対象:保育者(保育士、幼稚園教諭、保育教諭など)
有効回答数:55
調査主体:ほいくis編集部