閉じる

MENU

ログイン

保育園・幼稚園でのノンコンタクトタイム制度。「導入していない」が4分の3<保育者アンケート調査結果>

あなたの意見はどれですか?保育にまつわるリアルタイム調査実施中!

Q. 保育園・幼稚園でのノンコンタクトタイム制度。「導入していない」が4分の3<保育者アンケート調査結果>

実施期間:2020/12/01 ~ 2021/02/01

Check!

【今回の質問内容】
書類作成などの事務作業に集中できるよう、子どもに接しない時間として設けられる「ノンコンタクトタイム」。業務効率を上げるために、制度として導入するところも増えてきました。皆さんが務めている保育施設ではいかがでしょうか?

【調査結果について】
保育士・幼稚園教諭を始めとする保育者の皆さんに、「ノンコンタクトタイム」の導入状況をお聞きしました。結果は、「導入していない」が74.7%で断トツの1位、続いて「あり(30分未満)」が9.6%、「あり(30~60分未満)」が8.4%、「あり(1時間以上)」が7.2%となりました。

「ノンコンタクトタイム」という言葉自体はよく聞くようになりましたが、まだまだ保育現場での普及はこれからという段階ではないかと感じる結果でした。しかし、逆の見方をすれば、25%は何らかの形で導入が進んでいるという結果でもあります。また定点観測をしながら推移を見ていきたいテーマですね。

【調査概要】
調査方法:インターネットによる選択式アンケート
調査期間:2020/12/01 ~ 2021/02/01
調査対象:保育者(保育士、幼稚園教諭、保育教諭など)
有効回答数:166
調査主体:ほいくis編集部

>>【関連記事】いま保育業界で大注目!「ノンコンタクトタイム」とは
>>【関連記事】保育士にとって本当の負担って?<第1回保育士座談会>