ログイン

保育の引き出しを増やそう!覚えておきたい定番手遊び5選

ジャンケン遊びをする子ども
保育士の皆さんが、自分の保育の引き出しとしてたくさん持っておきたいもののひとつが、手遊びですよね。遊びの前に、ご飯の前に、お話の導入に…さまざまな場面で役に立ちます。今回は、まずは押さえておきたい定番の手遊びをまとめました。

3びきのこぶた


誰もが知っているお馴染みの童話「3びきのこぶた」の手遊びバージョンです。テンポの良さと繰り返しが、子どもたちにも分かりやすいですよね。定番手遊びのひとつなので、ぜひ保育の引き出しとして覚えておきましょう。

さかながはねて


自分たちでオリジナルの歌詞を作って楽しめる手遊びです。クイズ感覚でできるので、子どもたちも大盛り上がり間違いなしです。


バスにのって


体全体を使って遊べるネタとしておすすめです。子どもたちとのコミュニケーションが取りやすく、乳児クラスからでも楽しめるので重宝する1曲ですよ。

はじまるよ


お話し前の導入としておすすめ。保育士さんの「はじまるよ♪ はじまるよ♪」の歌いだしで、自然と子どもたちが集まってきそうですね。

キャベツのなかから

ちょっと長めの手遊びなので、時間に余裕があるときに楽しんでみてください。指を使うのが意外とむずかしいので、子どもたちにとっては手先の運動にもなりそうです。

手遊びで保育をもっと楽しく

今回ご紹介した他にもさまざまな手遊びがあるので、子どもたちと楽しめるものを見つけてみてくださいね。


【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事