ログイン
  1. ホーム
  2. ほいくisライブラリー
  3. おとうさんはウルトラマン

おとうさんはウルトラマン

おとうさんはウルトラマン

書籍説明

【絵本専門士・うっちー先生のコラムより】
作品はたくさん出版されていますが、略歴の中で2冊挙げました。これには理由がありまして…。

出版されたのは、父親の育児参加が今よりも少なかった時代。絵本でも主役になるのは、おかあさんやおばあちゃん。仕事をしているおとうさんにスポットをあて、そして家庭での姿も描きました。
(中略)
このように、父親をテーマにした絵本がたくさんあります。男性保育士として、父親として、男性絵本専門士として注目したいテーマのひとつです。

【書籍概要】
スーパーヒーローの活躍に胸おどらせた子どもが今お父さんになった…。ウルトラマン世代に向けて放つ、お父さん賛歌。一生懸命まじめで不器用なウルトラ・パパの子育て絵日記。人気シリーズの原点。

【著者紹介】
宮西 達也(みやにしたつや)
1956年、静岡県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。作品に、『おとうさんはウルトラマン』(けんぶち絵本の里大賞・びばからす賞)『帰ってきたおとうさんはウルトラマン』『パパはウルトラセブン』(ともにけんぶち絵本の里大賞・以上学習研究社)『うんこ』(けんぶち絵本の里大賞・びばからす賞)『にゃーご』『おとうさん・パパ・おとうちゃん』『おっぱい』『きょうはなんてうんがいいんだろう』(講談社出版文化賞・絵本賞)など多数ある

詳細情報

学研プラス

著者
宮西 達也
体裁
AB判/40ページ
価格
1,287円(税込)
発行
1997-04-03

関連タグ

フリーワードで探すFreeword

絵本アクセスランキングRanking