思わず顔が緩む!「子どもたちから元気をもらったエピソード」

ほいくis/ほいくいずライターのひとりごと、第2弾。今回は、私が保育士をしていたときに経験した思わず顔が緩んでしまうかわいいエピソードや、うれしい出来事などをつぶやきます。

エピソード1:ひそかなプロポーズ

3歳クラスの担任をしていた頃のお話です。恥ずかしがりやな男の子Ⅰ君のお母さんがお迎えに来たとき、こんなお話しを聞きました。

「昨日Ⅰが、『僕ね、まゆか先生と結婚する~』って言ってたんですよ! あの子、『ママと結婚する』以外に言ったことなかったので驚いて…!」

なんとひそかなプロポーズ…。うれしすぎる…! いつも慕ってくれていた甘えんぼな男の子だったので、なんだかとっても可愛くて愛しかったです(笑)。先生をやっているからこその経験ですね。

エピソード2:初めて名前を呼ばれた日

私が新卒の頃に担任していたクラスには、あまり先生たちのことを「〇〇先生」と名前では呼ばない女の子Mちゃんがいました。呼ぶのは、前年度から持ちあがりでMちゃんの担任をしている先生のことだけ。

だけどどうしても名前で呼んでほしい! 私のことを、しっかり認識して信頼してほしい! そんな思いで、毎日「まゆか先生だよ~」と話しかけていました。

そんなある日、活動をしているとMちゃんが…。「ねえまゆかせんせい~」と小さな声で呼んでくれました。感動で思わず泣きそうに(笑)。Mちゃんに少し近づけたのかな? と思えた瞬間でした。

名前を呼ぶ、に焦点を当てると別のエピソードも!


担任ではなかったけれど、夕方の合同保育でよく保育に入っていた1歳クラス。Nちゃんという、よく笑う活発な女の子がいました。でもまだ、先生の名前はあまり分からない…そんな時期。その子には、私が担任してたクラスにお兄ちゃんがいました。

ある日、私には保育士を辞めたい、と思うほど落ち込むことが…。そんなときに1歳クラスに入ると、Mちゃんが近づいてきました。そして…「まゆせんせい~!」。”まゆか”は言いづらかったのですね(笑)。

名前を呼ばれた驚きはもちろんですが、そのときのMちゃんの笑顔が心に残り、今でも離れません(涙)。その顔を見て、「頑張ろう」と思えました。お兄ちゃんが家で私のことを話してくれていたのかな? 子どもの何気ない一言や表情、心の支えになりますよね。

エピソード3:信頼されている感覚

2歳クラスの担任をしていたときのこと。朝、なかなか保育園の玄関先から動けない男の子H君がいました。ママも朝は忙しく、時間がないときは保育士が対応を代わり見送ることも多々。でもそうすると、当然H君は泣いてしまっていました。

そんなある日、いつものように他の保育士さんが「お部屋に入ろう」と声をかけると…「まゆか先生がいい!」とH君の口から。

その時期H君はちょうど「イヤイヤ期」真っ只中だったので、毎日なるべく丁寧に関わることを心がけていました。そんな私の気持ちが実ったのか、H君が求めてくれたことがすごくうれしかったです! それから毎朝、「まゆか先生いるよ」と他の保育士さんに教えてもらい、トコトコお部屋に入ってくるH君、可愛かったです(笑)。

保育士をやっていると、毎日の業務、人間関係、いろんなことで辛いことや悩むことも出てきます。そんな気持ちを救ってくれるのは、やっぱり子どもたちでした。子どもたちにとって先生は信頼できる存在、先生にとって子どもたちは守るべき大切な存在。保育士って、素敵なお仕事です!
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。保育の楽しさを広めるために、元保育士の経験を惜しみなく放出。絵本とジャニーズが生きがいです。「わたしのワンピース」・ヨシタケシンスケさんの「ころべばいいのに」がお気に入り。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事