閉じる

MENU

愛着障害(アタッチメント障害)読み:あいちゃくしょうがい

「愛着障害」とは、子どもと養育者との愛着(アタッチメント)が何らかの理由で形成さないことによって起こる、子どもの情緒や対人関係における困難の総称のこと。乳幼児期に特定の養育者から安定した愛着を受けられなかった場合に、「極端になれなれしい(脱抑制性型対人交流障害)」や「過度に他人を怖がる(反応性アタッチメント障害/反応性愛着障害)」といった症状が現れることがあります。【監修:ほいくis編集部】

さくいん