ログイン

階段マット滑り台【室内遊び】全国のおもしろ遊びアイデア紹介

階段マット滑り台
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。>>「外遊び・室内遊び」の連載一覧はこちら

ほいくisのユーザーから募集した、“おもしろあそび”のアイデアをご紹介!

ほいくisでは、2周年記念企画の1つとして「ウチの園ではこれが流行中!”おもしろあそび”大募集!」企画を実施。公式Instagramにて皆さんの園で流行している”おもしろあそび”のアイデアを募集しました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました! 

いただいた回答の中から、特にユーモアのあふれる「“おもしろあそび”6選」をほいくis編集部メンバーで決定。6回に分けてご紹介していきます。今回は第1回! 実際に保育園や幼稚園で流行している遊びですので、ぜひ参考にして日々の活動に取り入れてみてくださいね。
 
<公開予定>
▼第1回 2021年8月18日(水)(公開済み)
>>王様中当て【外遊び】全国のおもしろ遊びアイデア紹介
第2回 2021年8月21日(土)(公開済み)
>>プラネタリウム作り【室内遊び】全国のおもしろ遊びアイデア紹介
第3回 2021年8月26日(木)(公開済み)
>>バルーンマット【室内遊び】全国のおもしろ遊びアイデア紹介
第4回 2021年8月29日(日)(本記事)
第5回 2021年9月中旬予定
第6回 2021年9月中旬予定

階段マット滑り台

保育園内の階段を活かして、その上に体操用のマットを敷いた坂を作って滑り台に見立てる、室内でできる運動遊びです。至ってシンプルですが、雨で戸外に行けない時も身体を十分に動かすことができるのでおすすめです。階段の長さは園によって違うので、必要に応じて使うマットの枚数を決めてください。

また、生活導線として日常的に使用する階段を塞ぐことは避ける必要があります。例えば園内にホールがあってステージに続く小さい階段や、ロフトに続く小さな階段など、非常時の避難導線確保に影響のない場所で行うようにしましょう。

丁度いい階段が無い場合は、牛乳パックを重ねて作った階段にマットを乗せて、小さめの簡易滑り台を作ることができます。その場合は、サーキット運動やマット運動の障害物の一つとしても活用できますよ。

難易度 

★★☆☆☆

対象年齢

2歳/3歳/4歳/5歳

用意する物・道具

  • 体操用のマット

遊びのねらい

保育園や幼稚園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びを行うだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 順番を守って、友だちと一緒に遊びを楽しむ
  • 滑る、登る、時にはマットの上に転ぶなど、全身のさまざまな動きを経験する
  • 保育者と、滑り台を滑りきれた喜びを共感し合う

 

遊び方・ルール

①保育園・幼稚園の階段の長さにあわせて、階段の上から下までマットを敷きます。

②子どもたちは、階段の上からマットを滑り台代わりにして滑り降ります。
階段マットで遊ぶ子どものイラスト

③上から下に滑る遊びを十分に行ったら、今度は下から四足歩行でマットの坂を登ります。手すりがあれば、手すりを使って登ってもOK!
階段マット滑り台を登る子どもたちのイラスト

ポイント・アレンジ例

アイデアを下さった保育者の方の園では、安全に遊ぶ為に「頭からは滑らない」「下まで滑り降りたら、マットを逆流せず階段から上に登る」という2点の約束を子どもたちとしていたそうです。また、階段のスタート地点とゴール地点にそれぞれ保育士をペアで配置して子どもたちの様子を見守ることで、ケガを防止していたそうです。このように、遊ぶときには保育士が十分注意して見守ることをおすすめします。

他にも、階段というスペースの限られた場所での遊びなので、保育者が合図を出してから1人ずつ降りる、進行方向は一方向に絞るなど子ども同士の進路妨害や衝突を避ける為のルールを事前に決めておくと安心ですよ。

編集部では、「シンプルだけど、室内で全身を動かせる遊びなのがいい!」「あまり準備に時間がかからなそうで助かる」といった声が挙がりました。

次回は2021年9月中旬頃公開を予定しています。保育園の階段を活かした室内遊びのアイデアをご紹介します。お楽しみに!
 
<「ウチの園ではこれが流行中!”おもしろあそび”大募集!」企画について>
募集期間:2021年7月8日(木)18:00~7月15日(木)17:59/募集方法:Instagramの投稿コメント、ストーリーズで実施/募集対象:Instagramユーザー/有効回答数:15

▼ほかおすすめの遊びはこちら
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事