閉じる

MENU

ログイン

じゃんけん列車【室内遊び】【イラスト解説】

じゃんけん列車で遊んでいる子どもたちのイラスト
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、だれが1位になるのかワクワクする「じゃんけん列車」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。

じゃんけん列車

音楽に合わせて動き回りながらじゃんけんをして楽しむ遊びです。大人数であればあるほど列が長くなって楽しいので、隣のクラスと合同での活動や異年齢保育での活動にもおすすめです。じゃんけんの仕組みを理解していれば出来る簡単な遊びなので、2・3歳頃から楽しめますよ。

難易度 

対象年齢:2歳/3歳/4歳/5歳

★★☆☆☆

用意する物・道具

なし

遊びのねらい

保育園や幼稚園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びをさせるだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 集団遊びを通して保育者や友だちとの関わりを楽しむ
  • 簡単なルールを覚えて遊ぶ
  • じゃんけんの勝ち負けを楽しむ

遊び方・ルール

①室内で音楽をかけて、最初はみんなそれぞれ好きなように部屋の中を歩き回ります。
音楽に合わせて動き回る子どもたちのイラスト

②音楽が止まったら、みんなその場に止まり、一番近くに居る子とじゃんけんをします。
じゃんけんをしている子どもたちのイラスト

③じゃんけんに負けた子が勝った子の後ろに周り、肩を持って繋がります。

④もう一度音楽がなったら、勝った子と負けた子が列車になって繋がったまま、もう一度歩き回ります。

⑤音楽が止まったら、また近くにいる先頭の子同士でじゃんけんをします。

⑥じゃんけんに負けた子が勝った子の列の後ろに繋がり、これを最後の1人になるまで繰り返します。
2列を作って先頭の子がじゃんけんしている子どもたちのイラスト

⑦最後までじゃんけんに勝ち続けて、先頭で居続けた子がチャンピオンです!
1位になって喜んでいる女の子のイラスト
 

ポイント・アレンジ例

お友だちの肩を持って動き回るので、ケガやケンカを避ける為にも走り回らない、無理に押したり引っ張ったりしないという約束事を事前に説明しておきましょう。後出しをしないように、事前にじゃんけんの練習をしておくのもポイントです。列が長くなってくると、チームで戦っているような一体感が出るので、「じゃんけんぽん!」とみんなで掛け声を合わせたりするとより楽しめますよ。

イベントのときのレクリエーションゲームとして取り入れるなら、チャンピオンになった子用に保育者がメダルを用意しておくと、1位になったときの喜びも倍増です。


【ほかおすすめの遊びはこちら】
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事