ログイン

雨の日のレパートリーを増やそう!保育園でできる室内遊び9選

積み木で遊んでいる子ども
雨が多い梅雨の時期は、室内で過ごす時間が増えますよね。そんなとき保育士さんの悩みのタネとなるのが「室内遊びのレパートリー」。今回は、おすすめの室内遊びアイデアをご紹介します。遊ぶ前に確認したい環境についてもまとめたので、併せてチェックしておきましょう。

室内遊びの環境設定

大きく手を上げ丸くする子ども達
まず初めに、室内遊びをするときは環境設定をしっかり行いましょう。室内は外よりも行動の範囲が制限されます、目は行き届きやすいので安心する反面、しっかりと環境を整えておかないとケガにつながる可能性があります。
遊びの内容を決めたら、子どもたちの遊び方や興味、発達状況、月齢などを考慮して、必要な物的・人的環境を整えましょう。

例)
【体操をするときは・・・】
  • のびのびと身体を動かすことができる十分な広さを確保する。
  • 室内は滑りやすいので走り回る体操は避ける。もしくは自分で制限できる年齢になったら行う。

【製作をするときは・・・】
  • ハサミやのりを使う場合は使い方を事前に教える。
  • 危険がないようにサポートできる人的環境を整える。
  • 子どもたちの発想が広がるさまざまな素材を用意しておく。

【ゲームやおもちゃで遊ぶときは・・・】
  • 遊ぶための十分な広さを確保する。
  • 複数の遊びをする際は、子どもたちが主体的に選べるようコーナー設定をする。

おすすめの室内遊び9選

室内でボール遊びをする子ども達と保育士
ここでは、雨の日や梅雨の時期に室内で楽しめる遊びをご紹介します。年齢や子どもたちの興味などに合わせて取り入れてみてくださいね。

体操・リズム遊び

「室内でも身体を動かしたい!」というときには、やっぱり体操がおすすめです。既存の体操で踊るのも良いですが、好きな曲を流して振付関係なく自由にダンス! というのも楽しいですよ。音楽に合わせて動くので、音に慣れ親しんだり歌ったりすることもできます

雨の日は子どもたちも身体を動かせずにストレスが溜まりやすいので、適度に汗をかくにもぴったりです。先生も一緒になって身体を動かせるので、クラスみんなで運動不足解消になるかも⁉

【おすすめ】
  • みんなといっしょたいそう
  • ブンバ・ボーン!
  • ジャンボリミッキー!
その他にも、こちらの記事ではおすすめの体操を紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

季節を取り入れた製作

てるてる坊主
雨の日や梅雨の時期の製作には、ぜひ季節感を取り入れてみてください。傘、カタツムリ、カエル、あじさいなど、この季節にぴったりの製作アイデアを考えてみましょう。「保育園に来るときに、カタツムリを見たよ」なんて子どもの声から、カタツムリを題材にした製作を…という繋がりのある活動ができると、より良いですね。
 

サーキット運動

雨で外に出られない日は、子どもたちも活動量が足りずに「なかなか寝付けない…」「ストレスで体調を崩す」ということが多々あります。戸外のように遊ぶことは難しいかもしれませんが、サーキット運動は室内でも可能な範囲で身体を動かすことができます

のびのびと身体を動かせるうえ、跳んだり、くぐったり、転がったり…さまざまな身体機能を使って楽しむことができますよ。広い場所の確保や、子どもたちが一か所に密集してしまわないような工夫しながら遊びましょう。

廃材利用で製作

段ボールで作ったおもちゃ
雨の日が続いたら、段ボールや牛乳パック、菓子箱、ペットボトルなどの廃材を利用した少し大がかりな製作をしてみませんか? 段ボールの家や迷路、ごっこ遊びに活躍する電車やお店など、時間をかけてひとつのものを作ってみると楽しいですよ。子どもたちの発想に任せて見守ると、きっとびっくりするような大作が出来上がります。

風船・新聞紙遊び

風船は年齢関係なく遊ぶことができるので、あるととても重宝します。ポンポンと打ち上げて遊ぶも良し、上から吊るした風船をパンチして遊ぶも良し。たくさんの風船を圧縮袋に入れれば、風船のお布団ができあがります。

また新聞紙も、風船と同じく遊び方の幅が広い素材です。低年齢児であれば、ビリビリ破くだけでもOK。他にもお面や衣装を作ったり、ボールを作ったりと、楽しみ方はさまざまです。

集団遊び

実は室内は、範囲が限られているからこそ集団遊びがしやすい環境です。ルールがある遊びを楽しめるようになったら「フルーツバスケット」「ハンカチ落とし」など、クラス参加型で集団ゲームをするのも良いですね。

適度に身体を動かせるだけでなく、ルールを守って友だちと遊ぶことを楽しめます。広い場所が必要になるので、周りの環境や子ども同士の衝突などには十分注意しましょう。

楽器を使った活動

楽器と楽譜の写真
リトミックや発表会で触れることはあるかもしれませんが、普段の保育で楽器を取り入れているところは少ないかもしれませんね。この機会に、ゆっくりと楽器に触れてみてはいかがでしょうか。

さまざまな楽器の音の違いを楽しんだり、演奏方法を知ったり、好きなように音を出してみたりと、良い機会になります。子どもたちが興味を示したり、楽しんでいたりするようであれば、生活発表会などに取り入れることもできますね。

体操絵本・季節の絵本

乳児クラスではなかなかできる室内遊びがない…と迷っている方は、体操絵本を使ってみてはいかがでしょうか。絵本の中には体を動かしながら楽しめるものがたくさんあります。保育士さんとのスキンシップにもなるので、絵本棚に用意しておくと雨の日も重宝しますよ。

その他にも、ゆったりと過ごす日には季節に沿った絵本の読み聞かせがおすすめです。思わず雨の日が待ち遠しくなったり、雨の日もワクワクしてしたり…少し憂鬱な梅雨の時期を楽しむにも良いですよ。
 

雨の日散歩

6月頃に3~5歳クラスで取り入れている園も多い「雨の日散歩」。レインコートを着て傘を差し、園の周辺をお散歩します。雨の日散歩は、雨の日にしか見られない景色や自然、生き物に触れられる素敵な機会です。普段雨の日は室内で過ごすからこそ、特別感溢れる体験ですね。

その分、交通状況や周辺環境、天候の状況、傘の使い方や歩き方など、気を付けなければいけない点も多くあります。しっかりと準備をしたうえで、取り入れてみてはいかがでしょうか。

子どもの発想を楽しもう

大人も子ども、少し憂うつになってしまう雨の日。保育士さんも遊びのレパートリーに悩んでしまいがちですが、実はたくさんの楽しみ方があります。せっかくなので雨の日や梅雨の時期を存分に楽しめる活動をして、季節を感じたり自然を身近に感じたりできると良いですね。

【関連記事】
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。
大学時代は福祉学科で児童福祉を専門に学ぶ。
学生時代から保育園でアルバイトをしつつ保育士試験の勉強を進め、独学で国家試験に合格。認可保育園での勤務経験を経て、知識を活かしてライターへ転身。絵本屋さん巡りが趣味。
【資格】
保育士/児童指導員/社会福祉主事
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事