園内でも元気に運動!子どもが体を動かす絵本5選【ぺんぎんたいそう】

絵本を読む乳児
お天気が悪かったり、気温の関係で外遊びができなかったり…。保育園では、そんな日もありますよね。それでも子どもたちは元気いっぱい! 体を動かすことが大好きです。今回は、読みながら体を動かして楽しめる絵本を5冊、ご紹介します。乳児クラスの運動会でも使えちゃう、かわいい絵本ばかりなのでぜひチェックしてみてください。

ぴょーん

作:まつおかたつひで
出版社:ポプラ社
対象年齢:0歳~
いろいろな生き物が登場します。ページをめくると「ぴょーん」! 飛び上がる姿に子どもたちは釘付け! みんなは高く跳べるかな?

赤ちゃんから楽しめる「ぴょーん」は、シンプルな絵と内容で子どもたちを惹きつけます。私も園で読んでいましたが、生き物に合わせて、「ぴょーん」と跳びあがるかわいらしい子どもたちの姿が見られました。

繰り返しの内容が、子どもたちにとって楽しい魅力のひとつですね。「ぴょーん」というセリフの言い回しを毎回変えてみてもおもしろいですよ。

ぺんぎんたいそう

作:斎藤槙
出版社:福音館書店
対象年齢:0歳~
「ぺんぎんたいそうはじめるよ」かわいいぺんぎんの親子と、楽しい体操が始まります。「いきをすって~はいて~」「くびをのばして~ちぢめて~」ぺんぎんの真似をしながら、体を動かせる楽しいたいそう絵本!

0歳クラスから楽しめる一冊で、私が保育士をしていたときも子どもたちに大人気の絵本でした。 

ぺんぎんの真似をするその姿は、とにかくかわいい! お遊戯会やちょっとした遊びにも取り入れられるので、園に一冊、用意してみてはいかがでしょうか?

パンダなりきりたいそう

作:いりやまさとし
出版社:講談社
対象年齢:1歳~
かわいいパンダがバナナ、おにぎり、ひこうきなど、身近なものになりきります。何かになりきるのって、おもしろい!

子どもたちは「なりきる」のが大得意。パンダと一緒にいろいろなものになりきって楽しみます。同じ「バナナ」でも、ひとりひとり個性が見えるのが「なりきりたいそう」のおもしろいところ。

子どもたちの想像力が発揮されるたいそう絵本です。

できるかな? あたまからつまさきまで

作/絵:エリック・カール
訳:くどうなおこ
出版社:偕成社
対象年齢:3歳~
ペンギン、きりん、さる…。絵本の中の動物たちに合わせて、みんなで体を動かしてみよう!

絵本だけでなく歌もあるこちらは、ファミリーコンサートなどでも親しまれています。子どもたちは歌に合わせて体を動かすことが大好き。きっと夢中になってくれますよ。

頭を回したり、首を上げ下げしたりと、準備体操にもぴったりの体操なので、プールや運動前の体操にもオススメです。絵本と合わせて、活動の導入にぜひ使ってみてください。

からだをうごかすえほん

作:のぶみ
出版社:幻冬舎
対象年齢:2、3歳~
みんなで楽しく忍者修行! 忍者の言葉に合わせてジャンプしたり、手をたたいたり、声を出したり…。慣れたらスピードアップするなどして何度も楽しもう。

「ついてこられたひと てをあげて!」などの掛け合いもあるので、コミュニケーションを取りながら読み進められる絵本です。

体を動かすだけでなく、声を出す場面もあり、子どもたちも思わず一生懸命になりそう。大人も楽しめるので、ぜひ子どもたちと一緒に夢中になってみてください。

>>雨の日はどう楽しむ?保育園でできる室内遊び6選

まとめ

いかがでしたか? 子どもたちと一緒に体を動かしながら読める絵本で、雨の日も寒い日もバッチリ楽しめますね。ぜひ、お気に入りの一冊を用意してみてください。
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事