ログイン

梅雨が待ち遠しい⁉雨の日が楽しくなる絵本5選

笑顔で傘を持つ子ども
気温が少しずつ上がり始め、いよいよ梅雨シーズン到来ですね。雨の日が増えると、大人はなんとなく憂鬱な気分になりがち、子どもも外で遊べずガッカリなんてこともありますよね。今回はそんな雨の日が一転、待ち遠しくなるような絵本をご紹介します。

おさんぽおさんぽ

作・絵:広野多珂子
出版社:福音館書店
対象年齢:0歳~
おさんぽ おさんぽ
[おさんぽ おさんぽ (0.1.2.えほん) (日本語) ボードブック]

雨上がりの外で出会えるのは、カエル、カタツムリ、濡れた草木、そして大好きな水たまり。
色鮮やかなイラストは、雨上がりに出会えるさまざまな楽しみをより魅力的にしてくれます。0歳からの読み聞かせにもおすすめの一冊です。

>>本の紹介はこちら

どしゃぶり

絵:はたこうしろう
文:おーなり由子
出版社:講談社
どしゃぶり
[どしゃぶり (講談社の創作絵本) (日本語) 単行本]

暑い夏の午後、外に出てみると曇り始めて「あめだ!」。雨が降ってくる音は、まるで雨が歌っているみたい。
なぜか惹きつけられる魅力的なイラストに、オノマトペを駆使したワクワクする絵本。雨の日を楽しむ子ども心を詰め込んだような一冊で、大人もついつい見入ってしまいそうです。

>>本の紹介はこちら


あめふりさんぽ

絵:えがしらみちこ
出版社:講談社
対象年齢:3歳~
あめふりさんぽ
[あめふりさんぽ (講談社の創作絵本) (日本語) 単行本]

雨の日は、お気に入りの赤い傘と長靴、水色のカッパであめふりさんぽ。途中で出会うカエルさんやカタツムリさん、きれいなアジサイ。雨の日は楽しみがいっぱいです。
優しい雰囲気で雨の日のお散歩の様子が描かれたこの絵本は、読んでいるうちに心が温まるような魅力が詰まっています。園で「雨の日散歩」を行う前の導入にもおすすめです。

>>本の紹介はこちら

あめふり

作・絵:まついのりこ
出版社:偕成社
対象年齢:0歳~
あめふり
[あめふり (まついのりこ あかちゃんのほん) ボードブック ]

にわとり、ひよこ、カエル、おたまじゃくし…雨が降ると、みんなは喜ぶ? それとも嫌がる? 
この絵本は、「字がない絵本」です。0歳児は絵を見て楽しむ、1歳児は歌って楽しむ、ちょっと大きくなったらオリジナルのストーリーを作って楽しむのもいいですね。

>>本の紹介はこちら

にじさんにじさんどこいった

作:かわかみたかこ
出版社:ほるぷ出版
にじさんにじさんどこいった
[にじさん にじさん どこいった (ほるぷ創作絵本) (日本語) 大型本]

「あっにじさんだ!」窓から見えたにじを追いかけて、みずたまちゃんは家を飛び出します。追いかけていくうちに、なんだか雨が降りそうになって…?
まさに虹を絵本に閉じ込めたかのようなカラフルで鮮やかなイラストと、虹を追いかけるというユニークなストーリーに惹き込まれていくと、途中で”あるしかけ”がやってきます。雨があがったら虹探しに出たくなる一冊です。

>>本の紹介はこちら

まとめ

雨の日は憂鬱になりがちですが、少し視点を変えてみると面白い発見や体験が隠されています。梅雨の時期だからこそ、思い切り雨を楽しんでみてくださいね。

>>園内でも元気に運動!子どもが体を動かす絵本5選【ぺんぎんたいそう】
>>雨の日はどう楽しむ?保育園でできる室内遊び6選
まゆか

この記事を書いた人

まゆか

「ほいくis/ほいくいず」専任ライター。とにかくよくしゃべる元保育士。絵本とジャニーズが生きがいです。
【Instagram】
https://instagram.com/hoikuis_mayuka?igshid=b342tonuonzi

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事