閉じる

MENU

ログイン

ハンカチ落とし【室内遊び】【イラスト解説】

ハンカチ落としで遊ぶ子どもたちのイラスト
保育園や幼稚園で、日々の活動に欠かせない“遊び”の時間。毎日「今日はどんな遊びを用意しよう…」と頭を悩ませる保育者の皆さんも多いのではないでしょうか。そんなときに役立つアイデアをご紹介します。今回は、いつ始まるか分からない追いかけっこにドキドキする「ハンカチ落とし」。難易度やねらいも合わせてお伝えしているので、子ども一人ひとりの発達状況に合わせて取り入れてみてくださいね。

ハンカチ落とし

ハンカチを使って、1対1で鬼ごっこが始まる遊びです。動き回る子が限られる遊びなので、雨の日の室内でのレクリエーションゲームとして人気です。ルールも簡単なので、梅雨の時期の活動として取り入れるのはいかがでしょうか。

難易度 

対象年齢:4歳/5歳

★★★★☆

用意する物・道具

  • ハンカチ(タオルでもOK)

遊びのねらい

保育園や幼稚園での遊びの活動では、ただ単に保育のひきだしの一つとして遊びをさせるだけでなく、「ねらい」を意識して取り入れるようにしましょう。そうすることで、月案や指導案の作成にも役立ちますし、子どもたちの成長を促すことにもなります。
  • 大人数で一つの遊びに取り組むことの楽しさを学ぶ。
  • ルールのある遊びを友だちと一緒に楽しみ、時には自分の順番が来るのを待つことを覚える
  • どうしたら逃げ切れるか、どうしたらハンカチに気づいてすぐに追いかけられるか、などを想像して作戦を考える

遊び方

①オニを一人決めます。オニはハンカチを持っておきます。
輪になって座っている子どもとハンカチを持ったオニ役の子ども
②オニ以外の子は、大きな輪を作って内側を向いて座ります。手のひらを上にした状態で腕を背中に回し、目はつむっておきます。オニは輪の外側に立ちます。

③オニは輪の外をゆっくり周りながら、どの子の手にハンカチを落とすかを1人決めて、その子に気づかれないようにそっと落とします。
輪になって座っている子どもたちとハンカチを落としているオニ役の子どものイラスト

④ハンカチをオニが落としたら、鬼ごっこがスタート!オニは輪を時計回りに1周逃げて、ハンカチを落とされた子はハンカチに気づいたらオニをすぐに追いかけます。
逃げるオニ役の子どもと追いかける子どものイラスト

⑤オニが1周逃げ切って、ハンカチを落とされた子が元々座っていた場所に座ることが出来ればオニの勝ちです。ハンカチを落とされた子が次のオニになります。逃げ切れずにタッチされた場合は、もう一度オニ役を繰り返します。
喜ぶ子どもたちと悔しがる女の子のイラスト

⑥オニが1周するまでハンカチを落とされたことに気づかず、肩をトントンとされた子は輪の真ん中(「お便所」と呼ばれる)に座り、次に同じような子が現れるまでゲームに参加出来ない、といったルールもあります。

ポイント・アレンジ例

オニは、相手に気づかれないようにハンカチを落とすことがポイントです。オニ以外の子はハンカチを落とされるまでは後ろを振り返らないようにしましょう。大人数で出来る遊びなので、みんなで声を出しあって盛り上げるとより楽しめますよ。ハンカチが無い場合は、手をタッチしたら追いかける、のようにルールを変更してもいいですね。

保育者は、室内で遊ぶ場合は広い場所を確保し、周りに危険なものがないか事前に確認しておきましょう。また、輪の周りを走るときは転びやすいので、スピードを出しすぎないように子どもたちとルールを決めておくと良いでしょう。

【ほかおすすめの記事はこちら】
ほいくis/ほいくいず編集部

この記事を書いた人

ほいくis/ほいくいず編集部

保育・幼児教育のプロで構成された編集部のメンバーが、毎日の保育に役に立つ情報を提供していきます。保育に携わる皆さんが、少しでも楽しく、充実した毎日を送るための情報って何なのか? 日々追求しています。

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事