閉じる

MENU

ログイン

色水の雨アート【製作】【壁面】

梅雨時期の室内での活動にぴったりの製作アイデアです。絵の具で作った色水が流れ落ちてできる軌跡を雨に見立てました。色水作りから始まり、偶然できる模様を楽しむ絵の活動まで、子どもたちも楽しみながら取り組めるのでオススメです。 

対象年齢 

3歳/4歳/5歳 

用意する材料・道具

用意する材料・道具
  • 画用紙 
  • クレヨン 
  • 絵の具 
  • 透明のプラスチックカップ 
  • スポイト 
 

作り方

  1. 画用紙にクレヨンで絵を描きます 
    画用紙にクレヨンで絵を描く
  2. 傘を持った人など雨をモチーフにしましょう 
    傘を持った人など雨をモチーフに
  3. 透明カップに赤・青・黄の色水を用意します 
    透明カップに赤・青・黄の色水を用意
  4. 色を混ぜて変化を観察する活動を楽しみます 
    色を混ぜて変化を観察する活動を楽しむ
  5. 好きな色をスポイトで画用紙の上端に並べて垂らします 
    好きな色をスポイトで画用紙の上端に並べて垂らす
  6. 画用紙を持ち上げると色水が流れ落ちます 
    画用紙を持ち上げると色水が流れ落ちる
  7. 絵の具がクレヨンにはじかれます 
    絵の具がクレヨンにはじかれる
  8. 乾いたら完成です♪ 
    乾いたら完成です♪
 
★YouTube公式チャンネル 
 

ワンポイントアドバイス

ベースになる絵は、作例のような人だけでなく、あじさいやカエル、カタツムリなど雨や梅雨をイメージしたモチーフでもOK。子どもたちの創造性に任せてみましょう。 
 
出来上がりを乾かすと色が濃くなって仕上がりますが、どちらかと言うと過程を楽しむ製作。色水作りのところは、三原色(赤・青・黄)からさまざまな色が作れることを知るきっかけにしてほしいですね。 
 
【クリエイター】小松 冴果 
【ディレクション・監修】星野慧/KUMA’S FACTORY 

注意) 
再生にはパケット通信料が発生します 
再生時には音声が流れます 
 
 ▼こちらの製作アイデアもおすすめ! ほいくis/ほいくいず 
【1日3分で保育を楽しく】 
https://hoiku-is.jp/ 
 
小松 冴果(こまつさえか)

この記事を書いた人

小松 冴果(こまつさえか)

1984年東京都生まれ。2012年東京藝術大学大学デザイン科描画・装飾研究室修了。2010年にドイツへ1年間留学。以来、主に陶での立体作品を制作発表している。2012年に台東区長奨励賞受賞。自宅の絵画造形教室で講師もしている。

<小松冴果webサイト>
http://saekakomatsu.com/top.html
<Instagram>
https://www.instagram.com/saeka.komatsu/
<自宅教室webサイト>
https://paintbox.kidsbox.biz/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事