閉じる

MENU

ログイン

牛乳パックでオニのお面【製作】【節分の製作】

牛乳パック(飲料パック)を開くと、子どもたちの頭のサイズにぴったりのかんむり(お面)が作れます。今回は、節分の季節に向けてオニのお面にしてみました。廃材を使った工作のレパートリーとしてもいかがでしょうか?

対象年齢

3歳/4歳/5歳

用意する材料・道具

  • 牛乳パック(飲料パック)
  • 画用紙
  • 輪ゴム
  • ホッチキス
  • 両面テープ
  • ハサミ
  • カッター
  • ペン

作り方

①牛乳パックを開いて底をハサミで切る
牛乳パックを開いて底をハサミで切る

②両側を同じ山形にカット
両側を同じ山形にカット

③真ん中で半分に切る(2個作れる)
真ん中で半分に切る

④両端に輪ゴム用の切り込みを入れ
両端に輪ゴム用の切り込みを入れる

⑤輪ゴム3つ分を繋げる
輪ゴム3つ分を繋げる

⑥切り込みに輪ゴムをかけてホッチキスで留める
切り込みに輪ゴムをかけてホッチキスで留める
切り込みに輪ゴムをかけてホッチキスで留める

⑦表側に両面テープで画用紙を貼り付け
表側に両面テープで画用紙を貼り付け
表側に両面テープで画用紙を貼り付け

⑧ツノにペンで模様を付ける
ツノにペンで模様を付ける

⑨顔のパーツ(目・眉毛)を切り出す
顔のパーツ(目・眉毛)を切り出す
顔のパーツを切り出す

⑩両面テープで貼り付けていく
両面テープで貼り付けていく

⑪最後に鼻を付ければ…
最後に鼻を付ければ、、、

完成です♪
完成したおにのかんむり

★YouTube公式チャンネル

ワンポイントアドバイス

一つの牛乳パックから2個作れますので、例えば一つは赤鬼、もう一つは青鬼など、バリエーションを作ってみても良いですね。

子どもの頭のサイズに合わせてゴムを繋げてホッチキス留めする部分は、先生たちでフォローしてあげてくださいね。

【クリエイター】杉山 智佳子
【ディレクション・監修】KUMA’S FACTORY

注意)
再生にはパケット通信料が発生します
再生時には音声が流れます


▼ほかおすすめの記事はこちら ほいくis/ほいくいず
【1日3分で保育を楽しく】
https://hoiku-is.jp/
杉山智佳子(すぎやまちかこ)

この記事を書いた人

杉山智佳子(すぎやまちかこ)

1983年生まれ。2009年 多摩美術大学美術学部工芸学科 卒業
三児の母。自閉症の息子と、ふたりの娘と日々奮闘中。近年は幼稚園や小学生のやきものワークショップを行い、作品を制作、展示を行っている。モチーフは主に蛙。

<ホームページ>
http://chikakosugiyama.sakura.ne.jp/

関連タグ

シリーズ関連記事

おすすめ記事